行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 14日

大菩薩峠で出会った花

                    大菩薩嶺 雷岩付近のレンゲツツジ群落
d0124388_1691272.jpg

今回 往復で約19km歩いたのですが、
往路は昼食や雲峰寺参拝で山荘到着が遅れそうになり花の観察が疎かになった。
復路のハイキングコースではシカの食害などで山の花は少なかった。
そんな訳で、長距離歩いたのにカメラに残った花の写真は僅かでした。

d0124388_1618989.jpgヒトリシズカ(実)

「吉野山 嶺の白雪 踏み分けて 入りにし人の 跡ぞ恋しき 賤やしづ 賤のおだまき繰り返し 昔を今に なす由もがな」

これはヒトリシズカの名前の由来ともなった「静御前」が
義経を偲んで舞ったときの唄






d0124388_1619188.jpgフタリシズカ(実)














d0124388_16275167.jpgシロバナヘビイチゴ

  黄色の花が咲く平地に育つヘビイチゴと
  同じように赤い実だで、シロバナヘビイチゴの
  方が美味しいそうです。










d0124388_1629584.jpgワチガイソウ

                                                      (輪違草)












d0124388_1031191.jpgサラサドウダン














d0124388_10453537.jpgヤマツツジ
(蕾)








  ヤマツツジの群落 ↓




d0124388_10462949.jpg

[PR]

by dojyou38 | 2018-06-14 06:02 | 植物観察 | Comments(12)
Commented by PANDORA at 2018-06-14 08:30 x
お早うございます!
 19kmとは登山では長い距離ですね。泊があったのでそれくらいに
なったのでしょうね。
 「フタリシズカ」は最近山道で初めて?見ました。
 「サラサドウダン」は記憶にありません。初めてだと思います。

 花が大好きなdojyou38さんですから、それが少なかったという
ことは、かなり急ぎ足だったようですね!
Commented by dojyou38 at 2018-06-14 09:31
PANDORA さん
19kmのうち2割強は車道でした。
下山の3分の1の急坂の下りを除けば緩斜面だったので歩けました。
それでも2日間とも最後は何時膝に来るか心配しながら歩いていました。
そんな情況ですから、植物観察も疎かになりました。
でも2日間とも好天だったので助かりました。
Commented by taminamikawa1 at 2018-06-14 20:36
ヤマツツジはミツバツツジやミヤマキリシマ等と同じ種類のようですね。くじゅうのミヤマキリシマは5月末頃が満開でしたが、ヤマツツジは今が旬のようですね。
Commented by とんぼ at 2018-06-14 22:30 x

 こちらではなかなか見られないものが沢山見られてうらやましいです。
Commented by hibochan at 2018-06-15 07:33 x
ハイキングで絶景を眺め
お花に迎えられ羨ましい
私植物園だけ
Commented by dojyou38 at 2018-06-15 09:25
taminamikawa1 さん
今年のミヤマキリシマは近年居ない素晴らしい豊作だったようですね。
私はもうミヤマキリシマをライブで見る機会は来ないでしょう。
Commented by dojyou38 at 2018-06-15 09:29
とんぼ さん
山梨は雪に埋もれることも多いので、
そんなに標高が高くなくても高山に咲く花があるのでしょう。
Commented by dojyou38 at 2018-06-15 09:34
hibochan さん
自然の中に自生している花は植物園で見られるような華麗さは有りませんが、
疲れた登山者を癒すには十分な美しさがあります。
Commented by koba222 at 2018-06-15 20:35
先日の訪問ありがとうございました。
ページ見せていただきました。
単独登山素晴らしいですね。

往復19K?
私などできない距離です(*^_^*)
沢山計画立てながらの山行すごいことです。
いい季節ですから気を付けて登山を
お楽しみください!

樹齢は700年の桜の古木初めてみます。
きっと美しい花を咲かせるのでしょうね。
Commented by matutaka31 at 2018-06-15 22:03
自然の花をゆっくり観察できるのは、単独登山ならではですね。
若い頃、どうらんを持って植物採集に行っていた頃を思い出します。
私は山歩きをしなくなった今、もっぱらウォーキングの時、
よそ様の秘話の花を眺める程度です。(^o^)
Commented by dojyou38 at 2018-06-16 12:31
koba222 さん
来訪有難うございます。
長距離でしたが、急坂は僅かの部分で後は緩やかだったので歩けました。
まだ長距離は歩けますが、加齢と共に速度が遅くなっているのを実感しています。
この桜の巨木は750年前に植えられたもので、
花は上の枝から咲き始め徐々に下の枝が咲くそうです。
Commented by dojyou38 at 2018-06-16 12:32
matutaka31 さん
険しい山が難しくなったので、今は時間をたっぷりとって
植物や眺望を楽しみながら歩くようにしています。
「どうらん」初めて聞くような気がします。
植物採集を相当専門的にされたことがあるのですね。
私は植物に興味を持つようになったのは10年ほど前からです。


<< 今週の古墳パトロール      大菩薩峠を歩く(2:介山荘~大... >>