行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 24日

友を送る

d0124388_14414354.jpg


Kさん      dojyou38です。

本当に突然の悲報に驚いたことと思います。
3月11日の例会に元気に出席し、懇親会後のマージャンにも参加していたのです。
それが、13日午後 ご自宅で踊り(日舞)の練習中にちょっとした異常を自覚 し、
奥様と一緒にタクシーで病院に駆け込むと同時に動脈瘤破裂となったようです。

私達が入院を知ったのは16日でした。
その後、意識回復することなく 21日午後 亡くなられました。
昨日の通夜と今日の葬儀にOB会有志の方々と参列させていただきました。
葬儀は彼の歌声が流れる中しめやかに執り行われ、
日舞の衣装を纏い穏やかな顔で花に包まれて I さんは旅立って逝きました。

I さんにはさぞ心残りだったと思いますが、せめてもの慰めは2人の息子さんが家庭を持ち、立派に自立している事でないでしょうか。
人の命のはかなさをつくづく実感させられたこの一週間でした。     合掌

上記は葬儀に出席できなかった共通の友人へのメールです。
I さんは私の現役時代 N 新聞社が主催する県外企業を対象とする異業種交流会の
メンバーで私達はそこで、良く遊び・勉強し、また企業戦士として戦いました。

お互い転勤族で、数年の付き合い後互いに本社へ転勤しましたが、
リタイアー後札幌出身の彼も四国出身の私も偶然にF市に居を構えました。
私たちのように、その時の異業種交流会のメンバーでF県でリタイアーしている
会員が約40名でOB会を結成し、毎月懇親会などをしています。

I さんはそのOB会の中でも特に元気者で、ゴルフ・マージャンは言うに及ばず、
リタイアー後はカラオケ・日舞・株のデイトレイディングに本格的に取り組んでいました。
16年生まれで私より3歳若い彼がこんな事になるなんて!
これからの生き方を真剣に考えさせられる  I さんの死でした。
[PR]

by dojyou38 | 2008-03-24 14:42 | 地域活動 | Comments(2)
Commented by taminamikawa at 2008-03-24 21:43 x
I さんの突然のご逝去、お悔やみ申し上げます。合掌。
まだ66歳の若さでのご逝去ですか。
正直言って、人の命の儚さを感じますね。
先月私も、同じ日に同級生(高校)2人のご逝去の報に接し、
友人と分担して葬儀に参列しました。
死について真剣に考えさせられますね。
Commented by dojyou38 at 2008-03-25 09:22
taminamikawaさん

この歳になると、身近な同年齢ぐらいの方の死は考えさせられますね。
サラリーマンの場合、リタイアーすると時間は有りますが、
健康・体力と経済的にも余裕のある時間は限られているようですね。
これからの時間を有意義に使いたいものです。


<< 福岡船泊まり      子供たちへの環境啓発 >>