行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 17日

原発見学

d0124388_10114826.jpg
d0124388_9192578.jpg
       サイエンス館から見た発電所全景  手前は観賞用温室
ガードマンにより車両チェックを受けて発電所のゲートをくぐると、それから先は一切撮影禁止しかも建物内部には入れません。車窓から外観を見るだけです。
以前は内部にも入りましたが、9.11以降のテロ対策の処置だそうです。
d0124388_920734.jpg

原発の仕組みなどは全て隣接するエネルギーパークのサイエンス館に設けられた
レプリカを見せながら案内嬢が説明します。

原発のキャラクター ↓                       原子炉容器のレプリカ 
d0124388_9242740.jpg
d0124388_9253735.jpg














d0124388_9283180.jpg低レベル放射性廃棄物d0124388_929664.jpg

高レベル放射性廃棄物カプセル



これら放射性廃棄物が原発のアキレス腱です。 全国の原発から発生する廃棄物は青森県六ヶ所村の再処理施設に送り込まれます。 そこで低レベルは埋設され高レベルは再処理されるが、その処理で発生する使用済核燃料の最終廃棄場所が決まっていません。 日本の原発はこのような時限爆弾を抱えたまま運転されています。 外にエネルギー源を持たないのでは止む得ないと思いますが、早く有効な再処理技術が開発される事を祈るのみです。

    発電所運転の中央制御室   ↓ 
        これは運転訓練に使われる設備で発電所内の施設と同じです。
d0124388_9293744.jpg

[PR]

by dojyou38 | 2008-05-17 09:29 | 街並みウォッチング | Comments(0)


<< 初めての福智山      呼子大橋 >>