行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 20日

マンション大規模改修-5:改修部分確認

マンション改修も入居者の駐車場移動、ベランダの片付けなどが完了し
本格的に工事が始まりました。
まづ、建物全体が工事用足場囲われ、建築資材の落下および作業安全の為シートが張り巡らされます。 シートは各部屋の採光を確保する為半透明の帆布が使われています。
また、地上近くは防犯の為金属製ネット(金網)とシートの二重になっています。


シートで覆われたマンション
d0124388_1093338.jpg

改修・補修箇所のマーキングd0124388_10102237.jpg

マーキングは
同じ壁でも改修工法の違いで様々な色や形が付けられます。










d0124388_10111961.jpg














専門工事業者(サブコン)が付けたマークを元請(ゼネコン)の技士が確認していきます。
その後、更に設計監理事務所が再検査して補修箇所の範囲・方法が決められます。

この段階ではそれほど騒音などあるませんが、作業員が足場やベランダに姿を現し窓の外をうろうろするので、なんとなく落ち着きません。これが3ヶ月近く続きます。
[PR]

by dojyou38 | 2008-10-20 10:30 | 地域活動 | Comments(2)
Commented by taminamikawa1 at 2008-10-20 16:35 x
いよいよ、本格的な改修工事が始まりましたね。
このような状態が3ケ月も続くんですね。
マンションの改修も車の車検と同じようなことかと
思いますが、
この際、入居者の目線で改修され、
手抜きないよう、願いたいですね。
終了まで、大変ですね。
Commented by dojyou38 at 2008-10-21 17:34
taminamikawaさん
本格的に工事が始まりましたので、改修委員長としての仕事は楽になりました。
毎週1回 設計者・ゼネコンと私達改修委員との定例会があります。

ただ、窓の外は半透明のシートが廻らされているので、
晴天の日も霞が掛かったようです。 


<< 作礼山と見返りの滝      九千部山に登る >>