行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:植物観察( 51 )


2018年 09月 06日

奥多摩2日目と出会った花

先日の奥多摩バンガロー泊の続きです。


d0124388_14121425.jpg

d0124388_14232868.jpg2日目雨模様ですることも無く、
バンガローから1時間に「日原鍾乳洞」が
あると言うので孫たちと見物に出掛けました。

狭いくねくね道を突き当たり小川谷を渡ると
鍾乳洞の入口がありましたが、入口の前から
反対側には覆いかぶさるような凄い岩壁。

100mもと思うようなごつごつとした垂直の
壁に圧倒されました。「燕岩」だそうです。

鍾乳洞は各地で見たことがありますが、
他と違うのはこの洞穴が修験道場だったことで、
仏像に見立てられた石柱・石筍のほかに
学問所と云われる空洞などがあることでした。

d0124388_14241872.jpg

d0124388_15111562.jpg鍾乳洞の見物を終えた私たちは
日原街道と呼ばれるくねくね道を対向車と
避けあいながら奥多摩町の中心街に帰り、
近くの「奥多摩温泉もえぎの湯」につかり、
ゆったりと昼食をして帰途に就きました。

帰りながらも鍾乳洞前の燕岩と云われる
岩壁のことを考えていました。

相当硬い岩壁だろうが何時かは崩れる。
崩れると小川谷は堰き止められ自然の
ダムが出来ることだろう。




奥多摩で出会った花

d0124388_20363464.jpg

d0124388_20521553.jpg御岳山でこの時期、最も有名な花は
レンゲショウマだそうです。

御嶽神社の参道にも咲いていましたが、
ケーブル駅の高台には大群生地があり
小雨そぼ降るなか観賞しました。

レンゲショウマは関西以北の本州に
分布しているそうですが、この御岳山の
群生は全国的にも有名だそうで、
バスツアーで来られたグループも
観賞に来られていました。



d0124388_167379.jpgフシグロセンノウ














d0124388_20371125.jpgホトトギスの一種だと思うが
正確な名前は分かりません。

とんぼ さん、PANDORAさんのコメントで
 ヤマジノホトトギス と判明
花びらが平開しているのも特徴のようです。









d0124388_1685823.jpgタマアジサイ(蕾)














d0124388_20403232.jpg ク ズ

日本原産だそうですが、
海外にまで進出し嫌われているそうです。











d0124388_2045374.jpgノボロギクに似ていて
良く見る花のようですが
何と言う花か分りません。

これも、とんぼさんのコメントで
  ガンクビソウ と判明









d0124388_20572991.jpg良く見かける花ですが知りません。














d0124388_20592018.jpgサイヨウシャジに似ているが
自信有りません。













d0124388_2122567.jpg何処にでもある花のようですが。
一度教えてもらったが忘れました。

とんぼさんが思い出させてくれました。
  センニチソウ でした。










d0124388_2143096.jpgヒヨドリジョウゴ

この花、何年も前から山友の写真帳で
知っていましたが見たことなかった。

会いたいな~と思っていたら
バンガローの周りに咲いていました。
ラムネ玉ほどの大きな実も青いのから
熟して赤いものまでありました。






d0124388_21111574.jpgオオバギボウシ かな。

鍾乳洞の周りの湿った岩にへばりついて
いました。















[PR]

by dojyou38 | 2018-09-06 08:54 | 植物観察 | Comments(10)
2018年 08月 12日

立山で出会った花

立山で出会った花を紹介します。
立山連峰周辺にはたくさんの花があったですが、
下山の後半は疲れて花を見つけたり撮ったりする余裕が有りませんでした。

カメラに残った花を紹介しますが、名前が間違っているものがあるかも知れませんのでご指摘ください。

d0124388_103784.jpg

d0124388_10501868.jpg上の花はご存知ノウセンカズラ

ノウセンカズラは暖かいところを好むが、
この写真は標高475mの雪深い?
立山駅前だったので新鮮に思い撮りました。


以下の花は立山連峰の山腹と室堂平で
出会った花です。


← イワイチョウ



d0124388_10595915.jpgチングルマ

(珍車)

チングルマ、花として紹介していますが
草本ではなく木本だそうです。

こんな可憐な花が木(木花)と言われても
にわかに信じがたいがです。
この小さい茎に年輪があるそうです。
私も立山に来て始めて知りました。




d0124388_1104134.jpgチングルマの綿毛(種)

同じ室堂平でも僅かな地形・場所の差で
花もあれば既に綿毛になっているところも。











d0124388_1163056.jpgミヤマキンポウゲ ?














d0124388_1191087.jpgクチバシシオカマ














d0124388_11102245.jpgイワカガミ

低山で見るイワカガミと雰囲気が違う












d0124388_11121486.jpgコバイケイソウ














d0124388_1117516.jpgハクサンイチゲ














d0124388_11185549.jpgイワツメクサ














d0124388_11275368.jpgクロトウヒレン














d0124388_11285621.jpgイワギキョウ

イワギキョウとチシマギキョウとは
同じようなところに咲いていて外見も
さして変らないので区別難しいが、
これは萼が細いのでイワギキョウです。









d0124388_11315826.jpg これは ?

PANDORA さんからコメントありました。
 
 クルマユリ だそうです。











d0124388_11325831.jpgトウヤクリンドウ














d0124388_10335964.jpgミンミンゼミ

これは番外
松本城で見つけたセミです。
ミンミンゼミが珍しかったのでパチリ。




下の写真は室堂平からの立山連峰です。
花はオニウドに似ていますが何か分りません。





d0124388_11213740.jpg




[PR]

by dojyou38 | 2018-08-12 11:55 | 植物観察 | Comments(8)
2018年 07月 30日

「N中 自然観察教室」 発表会

d0124388_15215678.jpg

d0124388_163872.jpg先月行った中学生の「自然観察教室」に参加した学生の
体験発表会があり出席しました。

この学校は周りを緑の森に囲まれた自然豊なところにあり、
1学年100名ほどの小規模の中学です。

学校では毎年2年生が総合学習の時間を使って、
町内で活動するボランティア団体の活動を学習しています。

今回も2年生が13団体に分かれての実習です。
事前に各団体がプレゼンをして学生がどの団体で
学習するかを決めます。

私たち山楽会には8名の応募がありました。
発表会は体育館で2年生と教師やボランティアの
関係者が参加しました。


d0124388_18395991.jpg



d0124388_21261572.jpg山楽会グループは4人1組2班に分かれて発表。

観察会の当日は雨で、実地観察と教室での
座学でしたが、途中はふざけたり私語もあり、
こちらの意図が理解されたか不安であった。

発表会では私たちの意図をしっかり受け止め、
理解したことをパワーポイントを使って
堂々と発表してくれました。





d0124388_21312337.jpgさすがに山楽会のプレゼンを聞いて
応募してくれた生徒だけあって、
自らの課題意識を持っていたようです。

そして、次のように結んでくれました。
『山・自然の大切さ、生態系を守るには
山が欠かせない場所である。
自分達にとっても山はオアシスである。
だから、山の自然を守り壊さないようにする。』



d0124388_6402451.jpg


発表会がが終わって数日後、参加した8人からそれぞれ丁寧な感謝のお礼状が届けられた。
それぞれ各自表現方法・注目点は異なるが、森と植物と動物の関係が具体的に分って勉強になった。
これから、機会を作って友達と山を歩いてみたい、などと綴られていました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
明日から、台風で延期になっていた立山登山、最後の3000mに挑戦してきます。
急な変更で、山小屋や参加者の都合で行程が短縮されたのは残念ですが参加することにしました





[PR]

by dojyou38 | 2018-07-30 06:47 | 植物観察 | Comments(10)
2018年 07月 05日

今朝古墳パトロールで出会った花


                        長柄桜山2号古墳展望所から富士を望む
d0124388_10584273.jpg
富士吉田口からの山開きの翌日、晴れ渡り久し振りに富士山が姿を見せた。
今年は例年になく梅雨明けも早く、富士の雪化粧も山開きを待たず姿を消した。

古墳から見下ろす今日の相模湾は風がやや強くあちこちに白い波頭が見え隠れする。
天気も良いので平日ではあるがサーファーたちがたくさん出てくることだろう。


今日のパトロールで出会った花

    
d0124388_11141073.jpgタシロラン

初めて出会った花です。
出会ったの2号古墳の北側、
樹林に覆われた道沿いの日陰でした。

名前も知らなかったのですが
FBの仲間から教えてもらった。


webによると、田代さんと言う方が
長崎で初めて見つけた花だそうです。

準絶滅危惧種だそうで私はこれまで
見たことがなかったが、神奈川県では
比較的多くの場所で観られるようです。


ここに掲げた他の花は古墳の周りよりも、
自宅から古墳来る道路沿いで出会った花です。





d0124388_1343792.jpgハルジョオン














d0124388_1684116.jpgヒルガオ















d0124388_1610419.jpgオシロイバナ














d0124388_16132924.jpgキバナコスモス














d0124388_16151511.jpgタチアオイ















d0124388_16161512.jpg???

この花 なんだったかな~よく見かける花だが。
覚えていたけど度忘れした。
何方か教えて。

PANDODAさんからのコメントで
モモイロヒルザキツキミソウと判明しました。







d0124388_16212922.jpgアカンサス














d0124388_16224213.jpgコバンソウ














d0124388_16235929.jpgネジバナ


















[PR]

by dojyou38 | 2018-07-05 09:41 | 植物観察 | Comments(10)
2018年 06月 14日

大菩薩峠で出会った花

                    大菩薩嶺 雷岩付近のレンゲツツジ群落
d0124388_1691272.jpg

今回 往復で約19km歩いたのですが、
往路は昼食や雲峰寺参拝で山荘到着が遅れそうになり花の観察が疎かになった。
復路のハイキングコースではシカの食害などで山の花は少なかった。
そんな訳で、長距離歩いたのにカメラに残った花の写真は僅かでした。

d0124388_1618989.jpgヒトリシズカ(実)

「吉野山 嶺の白雪 踏み分けて 入りにし人の 跡ぞ恋しき 賤やしづ 賤のおだまき繰り返し 昔を今に なす由もがな」

これはヒトリシズカの名前の由来ともなった「静御前」が
義経を偲んで舞ったときの唄






d0124388_1619188.jpgフタリシズカ(実)














d0124388_16275167.jpgシロバナヘビイチゴ

  黄色の花が咲く平地に育つヘビイチゴと
  同じように赤い実だで、シロバナヘビイチゴの
  方が美味しいそうです。










d0124388_1629584.jpgワチガイソウ

                                                      (輪違草)












d0124388_1031191.jpgサラサドウダン














d0124388_10453537.jpgヤマツツジ
(蕾)








  ヤマツツジの群落 ↓




d0124388_10462949.jpg

[PR]

by dojyou38 | 2018-06-14 06:02 | 植物観察 | Comments(12)
2018年 05月 28日

長谷寺で出会った花

新緑に覆われた長谷寺の伽藍


d0124388_11083793.jpg

長谷寺は花のお寺と言われていますが、アジサイが特に有名で40種2500株が見られるそうですが、
私が訪ねたのはアジサイが咲き始めたばかりのタイミングでした。
幾つかの一分の種類は咲いていましたが、多くの種類はまだ硬い蕾でした。

当日出会った花の中から一部を紹介させて頂きます。

d0124388_19524072.jpg

サラサウツギ













d0124388_19552687.jpg


源平ウツギ













d0124388_20024751.jpg


ボケ












d0124388_20054228.jpg


アジサイ












d0124388_09275650.jpg


アジサイ














d0124388_09301415.jpg




クリスマスローズ










d0124388_09344336.jpg



カキツバタ











d0124388_09380979.jpg


ニオイバンマツリ













d0124388_11334047.jpg


この花 ?












d0124388_11361163.jpg



ミヤコワスレ



[PR]

by dojyou38 | 2018-05-28 18:26 | 植物観察 | Comments(8)
2018年 05月 18日

我家の花

d0124388_13031582.jpg
         現在の庭のエース・バイカウツギ


私の庭は大変貧弱。
私は庭を作るより山野を歩いて自生している花を見るのが好きなので、
庭作りには熱心ではありません。

家内や子供達もあまり興味を示しません。
それも春ですね。 そんな庭にもいくばくかの花が咲いています。
ブログねたも尽きたので恥ずかしながら、そんな庭の花の紹介です。


d0124388_15384401.jpg

 ボ ケ

ボケももう終わりです。
これが最後の一房です。

早く咲いた花は実を結んでいます。
昨年はテニスボール大が2個でしたが
今年はたくさんなって
います。





d0124388_15391034.jpg

ボケの実で果実酒やジャムが作れる
そうですが、誰か作ったことありますか?












d0124388_16363817.jpg

 バ ラ

何と言う種類か知りません。











d0124388_16440153.jpg

サツキ ?














d0124388_18253120.jpg


モミジバゼラニューム













d0124388_18331926.jpg

 ブドウ

これ花に見えますか。
でも立派な花です。

昨年は咲かなかったが少し手入れ、
剪定などをする今年は大豊作の予感
と言ってもブドウは1本です。

近頃も少し摘果と剪定しました。
完熟するのが楽しみですが
リスに狙われるのを心配しています。



今庭にある花はこの程度で、これらが終わると後はアジサイくらいです。
夏は小さな菜園の夏野菜の花で辛抱しなければならないかな。


[PR]

by dojyou38 | 2018-05-18 17:27 | 植物観察 | Comments(10)
2018年 05月 08日

湯河原城山で出会った花

                       城山山腹を彩る桐の花

d0124388_16305500.jpg
この時期山肌に軟らかな藤色の花を良く目にしますが、フジとキリです。
遠目には区別し辛いです。 城山でもフジをたくさん見ましたが、
この辺りのフジはヤマフジではなくノダフジだそうです。

今回のハイキングは距離僅か5kmと短いものでしたが、
さすが花の春 たくさんの取り取りの花に出会いました。
ここでは山野草の中から10点を紹介します。

d0124388_16542842.jpg

ヘビイチゴ














d0124388_16545060.jpg

コバノタツナミソウ














d0124388_18041582.jpg

ホソバテンナンショウ

テンナンショウ類は毒草で、実を誤食すると中毒を起こす。












d0124388_18043240.jpg

ニョスイスミレ(ツボスミレ)

スミレ類は腫れ物・解毒などの薬草












d0124388_20175975.jpg

ヤブレガサ

今はヤブレガサ状態ですが、
やがてピンと張って傘ではなく
矢車状態になり、花が咲き始める。









d0124388_20181379.jpg

サギゴケ














d0124388_20282431.jpg


ヒメハギ













d0124388_20284345.jpg

ノアザミ

城山の城址近くにノアザミの群落がありましたが、
殆どは蕾は固くこの一輪だけが色付いていました。

利尿・強壮・やけどなど様々な民間薬として利用される。









d0124388_20471342.jpg

ミツバツチグリ














d0124388_06373888.jpg


ハナイカダ

これは落葉低木

[PR]

by dojyou38 | 2018-05-08 18:41 | 植物観察 | Comments(10)
2018年 05月 03日

初めて出会った黄モクレン

d0124388_13140677.jpg

d0124388_15385190.jpg
先日 近くのレストランでモクレンに
似た黄色い花を見た。
ピークを過ぎているようだったが、
初めて見る花です。

店主に花の名前を聞くと
イエローバード』と教えてくれた。

Web で調べると北米原産のマグノリアと
ハクモクレンなどとの交配種とのこと。
シンボルツリーに良く使われるそうです。

モクレンと言えば白と紫だけと思っていたので
驚いたが、近頃 人間は神の領域まで
踏み込みバイオ技術で様々な生物を創る時代だから
新しい園芸種の花にいちいち愕くことも無いのだろう。


d0124388_16202170.jpg

[PR]

by dojyou38 | 2018-05-03 08:07 | 植物観察 | Comments(9)
2018年 04月 12日

4月の古墳パトロールで出会った花


d0124388_17545547.jpg
私たちがパトロールしている長柄桜山古墳は
二子山山系、通称三浦アルプスの西北に
位置していますが、古墳の東側には
高度成長期に開発された大型住宅団地に
よって二子山山系と分断されている。


古墳の周辺は広葉樹と針葉樹の混合林が
繁っていてあまり植生豊かとは言いがたいが、
気温上昇とともに普段見られない花が
陽射しが入る遊歩道沿いでは
種類は少ないが咲き始めました。


右の写真は花ではありませんが、
木肌の傷はタイワンリスが齧った跡です。

二子山山系にはイノシシが繁殖して周辺の
農作物に被害が出ています。
古墳周辺は大型団地で分断されているため、
まだイノシシの出没はしていませんが
タイワンリスは盛んに活動しています。





d0124388_10434628.jpg

ホウチャクソウ














d0124388_10440208.jpg


クサイチゴ ?













d0124388_10441777.jpg

ウラシマソウ

九州ではマムシグサは普通に
見かけましたが、ウラシマソウは
あまり見かけなかった。
関東ではマムシグサより
ウラシマソウを
良く見かける。








d0124388_10444781.jpg


キランソウ

別名:ジゴクノカマノフタ

薬草:鎮咳・虫さされ など










d0124388_10450349.jpg

タチツボスミレ

薬草:腫れ物の解毒に葉の塩もみ













d0124388_10443263.jpg

シャガ


















[PR]

by dojyou38 | 2018-04-12 17:35 | 植物観察 | Comments(6)