行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:植物観察( 47 )


2018年 06月 14日

大菩薩峠で出会った花

                    大菩薩嶺 雷岩付近のレンゲツツジ群落
d0124388_1691272.jpg

今回 往復で約19km歩いたのですが、
往路は昼食や雲峰寺参拝で山荘到着が遅れそうになり花の観察が疎かになった。
復路のハイキングコースではシカの食害などで山の花は少なかった。
そんな訳で、長距離歩いたのにカメラに残った花の写真は僅かでした。

d0124388_1618989.jpgヒトリシズカ(実)

「吉野山 嶺の白雪 踏み分けて 入りにし人の 跡ぞ恋しき 賤やしづ 賤のおだまき繰り返し 昔を今に なす由もがな」

これはヒトリシズカの名前の由来ともなった「静御前」が
義経を偲んで舞ったときの唄






d0124388_1619188.jpgフタリシズカ(実)














d0124388_16275167.jpgシロバナヘビイチゴ

  黄色の花が咲く平地に育つヘビイチゴと
  同じように赤い実だで、シロバナヘビイチゴの
  方が美味しいそうです。










d0124388_1629584.jpgワチガイソウ

                                                      (輪違草)












d0124388_1031191.jpgサラサドウダン














d0124388_10453537.jpgヤマツツジ
(蕾)








  ヤマツツジの群落 ↓




d0124388_10462949.jpg

[PR]

by dojyou38 | 2018-06-14 06:02 | 植物観察 | Comments(12)
2018年 05月 28日

長谷寺で出会った花

新緑に覆われた長谷寺の伽藍


d0124388_11083793.jpg

長谷寺は花のお寺と言われていますが、アジサイが特に有名で40種2500株が見られるそうですが、
私が訪ねたのはアジサイが咲き始めたばかりのタイミングでした。
幾つかの一分の種類は咲いていましたが、多くの種類はまだ硬い蕾でした。

当日出会った花の中から一部を紹介させて頂きます。

d0124388_19524072.jpg

サラサウツギ













d0124388_19552687.jpg


源平ウツギ













d0124388_20024751.jpg


ボケ












d0124388_20054228.jpg


アジサイ












d0124388_09275650.jpg


アジサイ














d0124388_09301415.jpg




クリスマスローズ










d0124388_09344336.jpg



カキツバタ











d0124388_09380979.jpg


ニオイバンマツリ













d0124388_11334047.jpg


この花 ?












d0124388_11361163.jpg



ミヤコワスレ



[PR]

by dojyou38 | 2018-05-28 18:26 | 植物観察 | Comments(8)
2018年 05月 18日

我家の花

d0124388_13031582.jpg
         現在の庭のエース・バイカウツギ


私の庭は大変貧弱。
私は庭を作るより山野を歩いて自生している花を見るのが好きなので、
庭作りには熱心ではありません。

家内や子供達もあまり興味を示しません。
それも春ですね。 そんな庭にもいくばくかの花が咲いています。
ブログねたも尽きたので恥ずかしながら、そんな庭の花の紹介です。


d0124388_15384401.jpg

 ボ ケ

ボケももう終わりです。
これが最後の一房です。

早く咲いた花は実を結んでいます。
昨年はテニスボール大が2個でしたが
今年はたくさんなって
います。





d0124388_15391034.jpg

ボケの実で果実酒やジャムが作れる
そうですが、誰か作ったことありますか?












d0124388_16363817.jpg

 バ ラ

何と言う種類か知りません。











d0124388_16440153.jpg

サツキ ?














d0124388_18253120.jpg


モミジバゼラニューム













d0124388_18331926.jpg

 ブドウ

これ花に見えますか。
でも立派な花です。

昨年は咲かなかったが少し手入れ、
剪定などをする今年は大豊作の予感
と言ってもブドウは1本です。

近頃も少し摘果と剪定しました。
完熟するのが楽しみですが
リスに狙われるのを心配しています。



今庭にある花はこの程度で、これらが終わると後はアジサイくらいです。
夏は小さな菜園の夏野菜の花で辛抱しなければならないかな。


[PR]

by dojyou38 | 2018-05-18 17:27 | 植物観察 | Comments(10)
2018年 05月 08日

湯河原城山で出会った花

                       城山山腹を彩る桐の花

d0124388_16305500.jpg
この時期山肌に軟らかな藤色の花を良く目にしますが、フジとキリです。
遠目には区別し辛いです。 城山でもフジをたくさん見ましたが、
この辺りのフジはヤマフジではなくノダフジだそうです。

今回のハイキングは距離僅か5kmと短いものでしたが、
さすが花の春 たくさんの取り取りの花に出会いました。
ここでは山野草の中から10点を紹介します。

d0124388_16542842.jpg

ヘビイチゴ














d0124388_16545060.jpg

コバノタツナミソウ














d0124388_18041582.jpg

ホソバテンナンショウ

テンナンショウ類は毒草で、実を誤食すると中毒を起こす。












d0124388_18043240.jpg

ニョスイスミレ(ツボスミレ)

スミレ類は腫れ物・解毒などの薬草












d0124388_20175975.jpg

ヤブレガサ

今はヤブレガサ状態ですが、
やがてピンと張って傘ではなく
矢車状態になり、花が咲き始める。









d0124388_20181379.jpg

サギゴケ














d0124388_20282431.jpg


ヒメハギ













d0124388_20284345.jpg

ノアザミ

城山の城址近くにノアザミの群落がありましたが、
殆どは蕾は固くこの一輪だけが色付いていました。

利尿・強壮・やけどなど様々な民間薬として利用される。









d0124388_20471342.jpg

ミツバツチグリ














d0124388_06373888.jpg


ハナイカダ

これは落葉低木

[PR]

by dojyou38 | 2018-05-08 18:41 | 植物観察 | Comments(10)
2018年 05月 03日

初めて出会った黄モクレン

d0124388_13140677.jpg

d0124388_15385190.jpg
先日 近くのレストランでモクレンに
似た黄色い花を見た。
ピークを過ぎているようだったが、
初めて見る花です。

店主に花の名前を聞くと
イエローバード』と教えてくれた。

Web で調べると北米原産のマグノリアと
ハクモクレンなどとの交配種とのこと。
シンボルツリーに良く使われるそうです。

モクレンと言えば白と紫だけと思っていたので
驚いたが、近頃 人間は神の領域まで
踏み込みバイオ技術で様々な生物を創る時代だから
新しい園芸種の花にいちいち愕くことも無いのだろう。


d0124388_16202170.jpg

[PR]

by dojyou38 | 2018-05-03 08:07 | 植物観察 | Comments(9)
2018年 04月 12日

4月の古墳パトロールで出会った花


d0124388_17545547.jpg
私たちがパトロールしている長柄桜山古墳は
二子山山系、通称三浦アルプスの西北に
位置していますが、古墳の東側には
高度成長期に開発された大型住宅団地に
よって二子山山系と分断されている。


古墳の周辺は広葉樹と針葉樹の混合林が
繁っていてあまり植生豊かとは言いがたいが、
気温上昇とともに普段見られない花が
陽射しが入る遊歩道沿いでは
種類は少ないが咲き始めました。


右の写真は花ではありませんが、
木肌の傷はタイワンリスが齧った跡です。

二子山山系にはイノシシが繁殖して周辺の
農作物に被害が出ています。
古墳周辺は大型団地で分断されているため、
まだイノシシの出没はしていませんが
タイワンリスは盛んに活動しています。





d0124388_10434628.jpg

ホウチャクソウ














d0124388_10440208.jpg


クサイチゴ ?













d0124388_10441777.jpg

ウラシマソウ

九州ではマムシグサは普通に
見かけましたが、ウラシマソウは
あまり見かけなかった。
関東ではマムシグサより
ウラシマソウを
良く見かける。








d0124388_10444781.jpg


キランソウ

別名:ジゴクノカマノフタ

薬草:鎮咳・虫さされ など










d0124388_10450349.jpg

タチツボスミレ

薬草:腫れ物の解毒に葉の塩もみ













d0124388_10443263.jpg

シャガ


















[PR]

by dojyou38 | 2018-04-12 17:35 | 植物観察 | Comments(6)
2018年 03月 19日

ナツトウダイとヒマラヤユキノシタ

先日 三浦アルプス南尾根を歩きましたが春本番を迎え木の芽・花の芽が膨らみ、
野草の花も次々咲き始め淋しかった山肌もこれから華やかになる兆しを見つけました。

その時、出会った花を幾つか紹介します。

ナツトウダイ
d0124388_11153354.jpg


d0124388_11155627.jpg
ナツトウダイはトウダイグサの仲間で
ナツ(夏)の名を冠しているが春先に咲く。

九州では良く見かけたが神奈川では初めて
見たので新鮮で、このような群落は珍しい。

全草毒草で葉や茎から出る乳液は触ると
被れ、口にすると下痢などになるので
注意しなければならない。







d0124388_13144986.jpg
クサイチゴ

これから初夏にかけて山野に広く分布し、
熟した赤い実が素朴な甘さでハイキングの
楽しみでも有る。

同じ時期にヘビイチゴも赤い実をつけるが、
こちらも食べられるが美味しくない。








d0124388_14210393.jpg
コスミレ ?

南尾根には2~3種類のスミレが分布して
いるようですが私には難しくて正確な
同定が出来ません。












d0124388_14284959.jpg
ヒマラヤユキノシタ


茅塚から下山して、麓の石崖に群生していた。

園芸用に植栽したものが繁殖したものだろう。
ヒマラヤ原産で崖地など乾いた環境に育つ。



[PR]

by dojyou38 | 2018-03-19 10:57 | 植物観察 | Comments(8)
2018年 03月 01日

春一番


d0124388_15093892.jpg


d0124388_16172663.jpg
今朝 未明から降り始めた雨は明け方には
風を伴って激しくなりました。
雨は夜明けには小降りとなりましたが、
風は逆に強くなり瞬間的には20m近い
風も吹いたことだったろう。

薄日が射す頃には風もおさまってきたが、
多分これが今年の春一番だったのだろう。

春一番と言うと言葉の感じから春の到来を
告げる好ましいイメージで私も最近まで
そう思っていたが、実際は漁師などには
遭難を引き起こす突風として
忌み恐れられている季節風のようです。


d0124388_15224128.jpg
午後 台風一過のような爽やかさに
誘われて散歩に出ました。

近くのマンションの緑地に桜がありましたが、
開花して間もないのだろう今朝の強風にも
負けずしっかりと花を付けていました。
多分 川津桜でしう。

道路沿いには既につくしが出ていました。
もう大分前からあったようだが今日まで
気が付かなかった。

森戸川は普段は清流ですが、水嵩こそ大して
増えてないが今朝の雨で既に白く濁っていた。
その川岸には何事もなかったように食事に余念のない鴨のペアがありまた。

少々手荒い春の到来で地域によっては大きな被害もあったようですが、
寒がりの私的には長かった厳しい厳冬が去って肩の荷がおりた気分です。

早速、連れ合いを誘ってハイキングの計画をしたいところですがそれがまだ出来ないのです。
連れ合いは花粉症です。
二人で出掛けるには今しばらく待たなければなりません。


                                                  


[PR]

by dojyou38 | 2018-03-01 21:32 | 植物観察 | Comments(10)
2018年 02月 04日

春は名のみの風の寒さや


d0124388_11292106.jpg

d0124388_11393154.jpg
暦の上では今日は立春。

天候も暦に敬意を表したのか今日の湘南は
平年並みの最高気温10℃とか。

これも今日だけ。
明日からまた冷蔵庫の中のような寒さが暫く続くようです。

でも、植物の世界では春は確実に歩を進めている。

花の少ない我が家の庭ですが、
ボケとジンチョウゲの色が濃くなってきました。

春はもう直ぐです。
皆さんお互いにインフルなどにかからないよう頑張りましょう。


d0124388_11494818.jpg


d0124388_11504776.jpg


[PR]

by dojyou38 | 2018-02-04 10:37 | 植物観察 | Comments(12)
2017年 12月 08日

オキザリス オマー

私の庭には元々 花らしいものは殆どありません。
この時期、時期遅れのマリーゴールドだけが寒そうにまだ咲いています。
そんな中にあって、この花だけが庭の隅で華やいでいます。 
オキザリス オマー


d0124388_12275613.jpg



d0124388_14492794.jpg
オキザリスの仲間だろうと思っていました。
そんなに珍しいものとは思いませんが、
正確な名前が分かりませんでした。
オキザリスはカタバミの仲間ですが、
葉の形がカタバミとは全く違うので
何かなとお思っていました。

11月ころから庭の隅に咲いていたのですが
つい最近になってネットサーフィンを
してやっと分りました。
多分、オキザリスオマーだと思います。

自分で植えた花ではありませんが
昨年も咲いていたように思います。


d0124388_15443699.jpg
これはオキザリスバーシーカラーと共に
南アフリカ原産だそうです。

この花は他のオキザリス仲間と同様に
朝天気が良くても太陽が当るまでは
花弁を閉ざし、昼間だけ開花して、
夕方も日陰になると閉じてしまいます。

その代わり花期は長く3月頃まで楽しめて、
球根なので
来年も咲いてくれるでしょう。



私のような素人が植物の名前を調べる、同定するのは難しいです。
これなどはカタバミの仲間だろうと言う想定が当たっていたので、何とか正解?らしきものに辿り着けラッキー。
名前も分かったことなので、これからはちゃんとメンテナンスしてやりたいと思います。


[PR]

by dojyou38 | 2017-12-08 12:23 | 植物観察 | Comments(10)