行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:湘南風景( 49 )


2018年 06月 03日

江ノ電

江ノ電鎌倉高校前駅

d0124388_14485675.jpg


d0124388_14492787.jpg
長谷寺へは江ノ電を利用しました。
江ノ電は鎌倉観光の移動手段ですが最近は
江ノ電自体が観光の目玉なっています。

転居して3年にして2回目の乗車でしたが、
乗客が格段に増えている。
乗客だけでなく沿線で江ノ電の写真を
撮る観光客が異常に多くなっている。
中でも鎌倉高校前駅周辺が特に多いです。

一般に「撮りテツ」とか「乗りテツ」と
云われる鉄道ファンがいますが、
江ノ電にはそれとは別のファンもいる。



d0124388_08582244.jpg

d0124388_08584143.jpg
私は知らないのですが、「スラムダンク」など
幾つかの人気コミックの聖地になっていて、
鎌倉高校前駅傍の踏切が最高のスポット。

国内だけでなく台湾など海外からのファンも
駆けつけ連日賑わっています。
コミック門外漢の私の目からすれば、
ファンには叱られそうだが、
何もない踏切周りに大勢が
詰掛けている風景は滑稽に見えます。

それで地域が賑わえば結構なことだと
思っているが、困ったこともあるようです。



d0124388_10142502.jpg

d0124388_10152554.jpg
江ノ電は地域の人の移動手段で通勤通学
などの時間に乗れないことも有るそうです。

江ノ電は4両編成で毎時12分間隔で運転
しているが単線でしかも急カーブが多く、
速度は22kmで路面電車並みで、
これ以上便数も車両も増やせないそうです。

海岸沿いの道路と山裾を通っているところが
多く、線路の改良もままならないようです。

沿線の住宅が建築限界ぎりぎりを通っている
ことなども観光客の人気のようです。


路線は鎌倉と藤沢を結び15駅ありますが、途中には江ノ島・鎌倉大仏・
長谷寺・稲村ヶ崎などの名所旧跡に鎌倉高校前のような新しい観光地が加わり、
江ノ島電鉄の人気はまだまだ衰えることがないようです。


車窓からの相模湾風景
d0124388_11015890.jpg




[PR]

by dojyou38 | 2018-06-03 11:06 | 湘南風景 | Comments(8)
2018年 05月 27日

花の寺 鎌倉長谷寺

浄土宗長谷寺の山門

d0124388_17220088.jpg


d0124388_15570730.jpg
傘寿喜寿の祝いをした日 
私たち夫婦は初めて長谷寺に来ました。

自宅から車で20分で来れるところであるが
転居して3年目にして始めての参拝です。

長谷寺は江ノ電長谷寺駅や鎌倉大仏にも
近いので参拝客が多く、
当日もその半数以上が外国人のようでした。


山門を潜って直ぐに迎えてくれた
          良縁地蔵さん→




長谷寺の本尊 観音菩薩像を祀る観音堂
d0124388_18342348.jpg


d0124388_19575947.jpg
長谷寺の本尊は国内最大級の観音菩薩像で
通称 長谷観音として親しまれている。

私のように西日本暮らしが長かった者には
長谷寺と言えばボタン・シャクナゲなど
花のお寺として知られている真言宗豊山派の
本山 長谷寺(奈良)をイメージする。

奈良の長谷寺も同じく観音菩薩像を本尊とし
ここ鎌倉の長谷寺もアジサイなど花の寺と
言われていますが、こちらは浄土宗の
お寺です。 ただ寺伝に寄れば鎌倉の
観音菩薩像は奈良の観音菩薩と同じ1本の
楠から彫られた像で何かと共通点が多い。


d0124388_16233029.jpg
ご本尊を祀る観音堂の正面、離れたところに
大きな香炉が設えられていて、
カラフルな線香が煙を燻らせていました。

暫く焼香の機会から遠ざかっていたが、
最近の線香がこんなにもカラフルに
なっていたこと知りませんでした。

本尊は十一面観音立像ですが撮影禁止で
皆さんにお見せすること出来ませんが
大きく(9.18m)あり圧倒される美しさ。

なお日本最大の木造仏像は私も
拝観したことがありますが博多大仏・
釈迦如来坐像(10.8m)だそうです。



見晴台から逗子マリーナ方面を望む

d0124388_10162805.jpg


長谷寺の境内はは観音山と呼ばれる小高い丘の裾野に斜面に沿って広がっていて、
下境内と上境内に分れています。
上境内には眺望散策路や見晴台があり、眼下の由比ヶ浜を経て相模湾の雄大な景色が楽しめます。
散策路周りには40種2500本のアジサイなどで彩られていて、
花のお寺の名に相応しい情景が広がっています。

写真 正面に逗子マリーナがありますが、
左奥の高い峰は私が日頃ウォーキングをしている二子山山系です。
高さ僅か200mほどの峰の連なりですが、
ここから観ると三浦アルプスの名に相応しい景色に見えます。

見晴台には茶屋があり、名物「大吉だんご」が1串160円で売られています。
私たちも団子を食べながら暫く風景を楽しんで境内を後にしました。

長谷寺で出会った花はページを改めます。





[PR]

by dojyou38 | 2018-05-27 17:19 | 湘南風景 | Comments(4)
2018年 02月 22日

ミモザが咲いています


d0124388_08472346.jpg

d0124388_08541279.jpg


d0124388_16305995.jpg
春は直ぐ傍まで来ているようですが真冬の
寒さが続いていて、その寒さの中にわが町内には
梅でなくミモザが今年も花を付けています。
 (まだ満開ではありません)

我家には有りませんがご近所の塀沿いに何箇所も
咲いていて、町内のシンボルツリーのようです。

本当に寒い毎日ですが鮮やかな黄色いボンボンを
連ねたような花を見ると、それが痺れるような
冷たい風に揺れていても明るい気持ちになり、
暖かい春が迫っていることを実感し嬉しくなります。



d0124388_15041767.jpg
ミモザとよばれる木には何種類かあるようですが
これはフサアカシア、ネムノキの仲間で原産地は
オーストラリアからの外来種です。

福岡にも有ったかも知れないが記憶にない。
最初に知ったのは葉山の山口蓬春美術館の庭園。
気がつくと自宅の廻りに何本もありました。

以来、毎年梅が咲く頃になると、
ミモザが咲くのを楽しみにしています。




d0124388_16544726.jpg


[PR]

by dojyou38 | 2018-02-22 15:57 | 湘南風景 | Comments(10)
2018年 02月 16日

三浦海岸の大根天日干し

d0124388_17164087.jpg

砂浜に天日干しされたダイコン (対岸は房総半島の山並み)


d0124388_07532031.jpg
三浦市には三浦ダイコンという高価な品種の大根が
生産されている。練馬大根系の品種で
大きいものは5~8kgにもなります。

今の時期、多くは収穫が終わり生食用で
出荷されるものの他、漬物用に東京湾に
面した海岸で天日干しされていると聞いたので、
買い物の序でに、少し足を延ばし見に行きました。

夏は海水浴で賑わう三浦海岸の砂浜に、
稲を干すはざ掛けのようなパイプ製の柵が
ずら~っと並んでいます。

だが、時期が遅かったのか大根が
干されていたのは僅か2竿でした。

    スーパー店頭の三浦大根 →


d0124388_08483667.jpg
私は三浦ダイコンが天日干しされていると思って出掛けたが、干されている大根を見ると青首ダイコンでした。
考えてみると通常のダイコンより2倍以上高価な三浦ダイコンが漬物用に天日干しされる筈ないです。

青首ダイコンでも砂浜一面に潮風受けて天日干しされている様は壮観だろう。
来年も機会があれば天日干しの最盛期に見てみたいと思います。
ダイコンが干されていた砂浜近くの道路沿いにはカワヅザクラが既に満開でした。

d0124388_08485759.jpg


d0124388_09170436.jpg

 京急三崎口駅の桜並木




[PR]

by dojyou38 | 2018-02-16 17:08 | 湘南風景 | Comments(12)
2017年 12月 21日

12月の夕照 (葉山海岸)


d0124388_16475004.jpg


d0124388_16482028.jpg

1年を通して比較的暖かい湘南海岸も今年は
12月に入り例年にない寒気に包まれている。
そのお陰で空気が澄み富士の雄姿が
見える機会が多くなりました。

1年を通してマリンスポーツ愛好家が集う
葉山海岸ですが、さすがこの時期は
海に出ている人は少ないです。

でも、ウエットスーツに身を包めば寒さも
苦にならないのかカヤックを楽しむ
元気者をしばしば見かけます。
寒がりの私には見ただけで身震い。



d0124388_16485318.jpg


d0124388_16501028.jpg

森戸神社から連なる岩礁に建つ名島の
鳥居に夕日が沈む頃になると、
観光客ばかりでなく地元の方も海岸に
出て犬を散歩させる人が多い。

太陽が沈む低い山並みは伊豆半島です。




← 海岸に向う沿道に咲くスイセン



[PR]

by dojyou38 | 2017-12-21 09:03 | 湘南風景 | Comments(10)
2017年 11月 16日

三大薬師

先月から2回も大山の東山麓にある日向(ヒナタ)薬師を訪れた。
日向薬師は奈良時代初期に行基が薬師如来のお告げにより開山した寺院と言われています。
本尊の薬師瑠璃光如来で、本堂(薬師堂)や梵鐘などと共に国指定の重要文化財です。

鎌倉時代には頼朝や妻政子も安産祈願に参詣しています。
そんな関係があるのかないのか、日本三大薬師と云われ現在もたくさんの参拝客が訪れている。


     日向薬師仁王門
d0124388_11272281.jpg
三大薬師と言われ、三大薬師とはどこかと言うことに興味を持ち、安直ではあるがweb で調べてみました。

会津の勝常寺・上越市の蜜蔵院(米山薬師)・神奈川の宝城坊(日向薬師)・
愛知県の鳳来寺・奈良の薬師寺・出雲の一畑寺・下関の東山寺・愛媛の善福寺(山田薬師)・
久留米の柳坂永楽寺・宮崎県の法華嶽薬師寺などなどが三大薬師の一つと言われています。

奈良の薬師寺は別格で、それ以外のお寺は其々 我こそは三大薬師と名乗っているようです。
地域や考え方によって、それぞれこれらの中から3ヶ寺が選ばれているようで、
全国的に決まったものは無いようです。

考えてみれば三大稲荷にしても、全国的には幾つもそれと名乗っているところが有るようです。
ただ、寺社にとっては三大〇〇にランクされるのと、されないのとでは大きな違いがあります。
ランクインしているところは他のところに比べ格段に多い参詣者を集められるからです。

因みに、私は奈良の薬師寺と日向薬師以外は参詣したことがありません。


[PR]

by dojyou38 | 2017-11-16 08:36 | 湘南風景 | Comments(8)
2017年 11月 05日

葉山海岸の夕照

d0124388_17065719.jpg

d0124388_17073283.jpg
台風の後、湘南にもからっと晴れ上がる日が
多くなりました。


日没前、今日はクリアーな富士が見えるかな~
と期待して海岸まで出掛けました。

そんな甘いものではありませんでした。
もう少し冷え込んで空気が清まないと
クリアーな富士は無理なようです。

砂浜には夕日をバックにランニングする
人が何人もいました。
何れもサーファーかヨットマンです。


夕日は江ノ島の左・伊豆半島の山並みに沈みます。
冬至が近づくと夕日と富を
同じ画面でお届けできると思います。


d0124388_20230528.jpg


[PR]

by dojyou38 | 2017-11-05 17:08 | 湘南風景 | Comments(6)
2017年 10月 26日

富士山初冠雪



d0124388_11023113.jpg

富士山が雪化粧しました。

気象庁発表の初冠雪は台風21号通過直後の23日でしたが、
葉山から肉眼で確認できたのは今朝が今期初めての雪化粧です。

今日は寒気が入っていないので空気が澄んでいません。
その上、カメラの下手でコンデジなので絶景はお届けできません。

今日はウイークデイ、マリンスポーツの動きは疎らですが、
せめて、初冠雪の雰囲気だけでもどうぞ。

d0124388_11191212.jpg

[PR]

by dojyou38 | 2017-10-26 11:21 | 湘南風景 | Comments(8)
2017年 09月 11日

森戸神社 祭礼

d0124388_10083903.jpg
森戸神社の祭礼がありました。葉山に転居して2年目ですが祭を見るのは初めて。今年我が家は町内会の当番(組長)です。自宅の直ぐ傍の広場が今年から神輿のお旅所(休憩所)になり、組長は接待役を仰せつかりました。接待役と言っても祭の参加者や見物に来たご近所所の方にアイスキャンデーなどを配ったり、神輿が引き上げた後の掃除などです。何時もは人通りも稀な静かな町内ですが、年に一度の賑わいでした。d0124388_10152079.jpg(ブログの投稿・編集方法が変更になり上手く投稿できません。読み辛くて申し訳ありません。)
[PR]

by dojyou38 | 2017-09-11 14:31 | 湘南風景 | Comments(10)
2017年 08月 19日

イケメン阿弥陀仏(鎌倉の大仏)

d0124388_9383926.jpg

d0124388_1004074.jpg  『鎌倉や 御仏なれど 釈迦牟尼は 
      美男におわす 夏木立ちかな
』 と

与謝野晶子によって詠われた鎌倉大仏は鎌倉を
代表するか観光名所ですが、神奈川に転居して
1年半を過ぎやっと拝観の機会が来ました。

阿弥陀如来像を「美男におわす」と詠んだのは
如何にも「乱れ髪」の作者らしいと思った。


拝観料200円を払い大仏さんの前まで来ると、
10時過ぎでしたがインドからの団体旅行者が
賑やかに記念写真を撮っているところでした。

後に廻ると、大勢の人が列をなして並んでいました。
大仏さんの像の中は空洞になっていて背中には
明り取りの窓が二つあります。

行列はその胎内巡りをするためです。
私は時間が無かったのでパスしましたが、
胎内に入ると巧みな鋳造技術が見られるそうです。

d0124388_11295954.jpg私は鎌倉大仏を拝観するのは高校2年以来、
2度目ですが殆ど記憶がありません。
改めて見上げると大変優しい顔で
迎えてくれました。

創建は1252(建長4)年で創建当時は大仏殿
あったそうですが、その後の台風と大津波で
倒壊し、露座大仏となっています。

以来、何百年も風雨に曝されながらも、
優しいまなざしで人々の安寧を願っています。

創建から700年余を経た1959(昭和34)年、
昭和の大修理で耐震補強などが行われた。


拝観料券売所の手前に仁王門がありました。
仁王像も建物も大変鮮やかな色彩が
目を惹きましたが、
平成23年に修復されたばかりでした。


今日は所用の序でに拝観したので、また何時かゆっくり参拝したいと思います。


                朝から拝観者で賑わう鎌倉大仏 仁王門前
d0124388_15214178.jpg

  明日から10日間ばかり、最後になるであろうロングドライブに出ます。
  懐かしい友に会い旧交を温めたり、入院加療中の友を見舞います。
  暫く会っていない孫娘たちと会うのも楽しみです。
  序でに、郷里・四国にも立ち寄り遅ればせながら父母・先祖の墓参をする予定です。
  
    懐かしき 友に会わんと 出で立ちぬ 終(つい)のドライブ 無事にと誓い


[PR]

by dojyou38 | 2017-08-19 05:43 | 湘南風景 | Comments(14)