行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2018年 01月 29日

歴史探訪ウォーク in 寒川(神奈川県)

                   ねぶたが飾られている寒川神社神門

d0124388_10421860.jpg

d0124388_10573460.jpg
今月の歴史探訪ウォークは寒川でした。
8:o5 JR宮山駅から歩き始める。

今朝の冷え込みは今年一番と思われる寒さで
多分この時間でも0度前後だったでしょう。
着こんでは来たがしばれる~でした。


茅ヶ崎駅から相模線4つ目で相模一ノ宮・
寒川神社の最寄り駅は九州の感覚が未だ
抜けない私からすれば、十分に都会だと
思っていた宮山駅が無人駅だったのは
以外で、余計に寒く感じました。







d0124388_11592282.jpg
寒川神社は宮山駅の直ぐ傍、10分も歩かない
うちに三の鳥居がある境内に入りました。

境内の入口には戦後政教分離で使われなく
なった戦前の社格・国幣中社を冠した
社名の標柱が麗々しく立っていました。

寒川神社は平安末期から鎌倉初期にかけて
創建された神社で相模一ノ宮とされている。
相模には後に一ノ宮に列した鎌倉の鶴岡八幡宮もあり2つの一宮があるが歴史的には
寒川神社の創建が古いようです。

頼朝・鎌倉幕府や武田信玄から崇敬され、
後に家康・徳川幕府からも保護されていた。





d0124388_13554871.jpg
今回先達が寒川を選んだのは寒川神社に
ねぶたが飾られていることを知ってでのこと。
毎年元旦から節分までねぶたを飾るとのこと。

テーマはその年の干支であったり、
神話であったりするが、今年は社殿改築
20周年
を記念している。 

何故、寒川神社の神門にねぶたを飾るように
なったかは定かでないそうですが、
毎年青森のねぶた師が作成に当るそうです。
それにしても、青森の夏の風物詩を寒川では
なぜ正月に飾るのでしょう。

寒川神社はまた八方除の神として有名で、
名物は伊勢の赤福に似た八角形の「八福餅」
私も参拝のあとに土産にしました。




                     興全寺に立つ「畜霊碑」
d0124388_15522884.jpg


d0124388_15524759.jpg
寒川神社に隣接して興全寺(曹洞宗)が有り、
本堂の前に立派な「畜霊碑」が建てられている。

これはこの地域で飼育している薩摩黒豚と
並ぶ銘柄の高座豚の種豚として英国から
輸入された「ベンドレーバグルボーイ号」
を慰霊し、畜産業の繁栄に感謝したもの。

高座豚が飼育されるようになったのは
明治期からの富国強兵の一環として
動物性蛋白増産が奨励されたため。

私は神奈川のこの地域が銘柄豚の飼育地
であること、それが戦前の富国強兵策と
関連していることなど全く知りませんんでした。

興全寺を拝観した後、寒川神社表参道を歩き神奈川県水道記念館を見学。
水道記念館は昭和8年に日本最初の広域水道として創設された県営水道寒川浄水場の
送水ポンプ所として使われていた建物をリフォームし、水をテーマとした展示場でした。


                   鉄道路線の名残を留める一之宮緑道
d0124388_11010241.jpg


d0124388_11015379.jpg
水道記念館見学後一之宮公園に遣ってきました。

公園は一之宮緑道と一体となっていて、
緑道は昭和59年に廃線になった線路の跡です。
線路は寒川駅から1.5kmの西寒川駅までで、
大正11年に相模川から鉄道用砂利を運ぶ
貨物専用線として敷設された。

その後、周りに軍需工場などが立地し
通勤列車としても使われていました。





d0124388_15364379.jpg


d0124388_15365664.jpg
旧西寒川駅跡(八角広場)の近くに、
鎌倉幕府創設に貢献した梶原景時館跡がる。

景時は義経との確執もあったが、
侍所所司など幕府内で重きを成しだが、
幕府内の勢力争いにより
謀反人とされ一族は討ち滅ぼされた。

幕府の要職に有った頃はこの地に広大な
館を構えていたそうだが、今は土に埋もれ
その縁を窺がうことも出来ない。

ただ館跡の一郭に伝梶原七士の墓標が
地域の人によって篤く祀られていました。

この間雪化粧の富士山や大山を眺めながら歩きましたが、
高速道などに遮られてベストなビューポイントには恵まれませんでした。
昼食時間となり各自弁当を持っていましたが、寒かったので寒川駅近くのレストランでランチ。


                   圏央道の橋桁の下に現れた富士山(寒川町一之宮から)
d0124388_17371775.jpg



d0124388_17381106.jpg
寒川駅から西に30分あまり歩いたところに
大岡越前守忠相の菩提寺・浄見寺が有ると
いうので拝観することにしました。

さすがに南町奉行の菩提寺、鄙びた農村に
鎮座していましたが隅々までメンテナンスが
行き届いていました。愕いたのは賽銭箱、
ブロンズ製の巾着で賽銭を入れると何とも
清清しい鈴の音が響いてきたことです。

大岡家の墓地は鉄柵で囲まれていて墓前まで
入ることは出来ませんでした。


                  大岡家の墓地(左のひと際大きいのが忠相の墓標)
d0124388_20425786.jpg


d0124388_20551266.jpg
大岡家の墓地は鬱蒼とした樹林に囲まれているが
墓地階段の左には珍しい「お葉つきイチョウ」
右には樹齢400年のナギノキなどの
巨木がありました。

←浄見寺の門前に掲げられていたポスター

大岡家一族は江戸開幕以来この地域を
本願地としてきたが、寛延元(1747)年分家の
忠相が南町奉行として、西大平藩(愛知県)
一万石の藩主となりました。

しかしその後もここ浄見寺を菩提寺とてして、
毎年4月大岡祭りの初日に墓前祭が
執り行われている。


浄見寺の拝観を終えた私たちは香川駅に向い、
駅近くに有る熊沢酒造が経営するカフェレストラン「天晴ーMOKICHI」に寄り、
「湘南ビール」で乾杯と反省会をして今月の歴史探訪ウォークを終えました。

今日歩いて、無人駅があるような田舎町にも古都鎌倉や江戸から遠くないせいか、
日本の歴史や物語に登場する史跡が幾つもあることを再認識させられました。



[PR]

by dojyou38 | 2018-01-29 10:02 | アウトドアー | Comments(10)
2018年 01月 21日

2月例会下見ハイキング

今日は山楽会2月例会の下見ハイキングです。
予定コース
 長柄バス停~中町橋~葉桜住宅~1号古墳~2号古墳~峠十字路~一軒家~中央大学宿舎~旗立山


               一号古墳から葉桜住宅~イトーピア団地を俯瞰
d0124388_16025488.jpg


d0124388_16085683.jpg
2月3日の例会は3人で担当するが今日はIさんが
急用でHさんと2人で下見することになった。

9:40 長柄バス停から歩き始めました。
2号古墳までは何時も歩いているコースで
問題なく40分着きました。
1号古墳~2号古墳→は最近メンテナンスされ
申し分ないハイキングコースになっています。

本番で人数が増えるとここまで1時間は
かかるだろう。少し早いが、見晴らしの良い
ここを休憩ポイントにすることに決める。


             2号古墳より相模湾を望む
d0124388_16580089.jpg

d0124388_17064121.jpg
2号古墳から江ノ島方面には晴れていれば富士
の雄姿を望むことが出来るが今日は雲が深い。
土曜日なのに相模湾にも何故かヨットなど
マリンスポーツを楽しむ姿が殆ど見られません。

今日歩いたコースには花は殆どなく、所々に
スイセンだけが寒さに耐えて咲いていました。


さて、ここから先が問題です。
二人とも歩いたことがありません。
ルートマップ片手に歩き始めました。



d0124388_17260638.jpg
整備された道が続きますが、マップに書かれていない分岐がたくさんあります。
2人で相談しながら進路を決めて前に進みます。

暫く歩いたところで、地図の地形と方向も目的地と違っていることに気が付きましたが、
引き返しても納得できるルートの確信がありません。
小さい山なので、下まで降りトラバースして目的地の旗立山から逆に登り返そうと覚悟を決めました。

下りてきたところは目的地より随分右側の逗子野外活動センター。
そこから、バス通りに出て左に800mばかり歩き旗立山に来ました。
旗立山の位置を確認し、その先を左折して山に向うのですが侵入路の確信が持てません。

見当をつけて進むと中央大学の合宿所がありホッとする。
しかし山際まで来ると行き止まり。 登山道らしき登り口にはしっかりしたバリケード。
どうしようかと思案する内にタイミング良く女性ハイカーが急斜面をバリケードに下りてきました。

相当のハイキング経験有りそうな彼女に何処から来たかと尋ねると2号古墳からと言う。
そして彼女達は逆に『ここは何処ですか?長柄のバス停を目指して下りた』と言う。
彼女達に現在地を説明し、私たちはこれから2号古墳に向うと言うと
「大変分り辛く道の状態も悪い止めた方がとアドバイスされる。




d0124388_11155856.jpg
私たちは止めることが出来ません。
女性でも歩けた道だからと
バリケードを潜り抜けて山に踏み入れました。

そこは急斜面に朽ちかけた木段が続いています。
暫く前から使わせていないルートのようです。

この時点で3月例会の本番ではこのルートは
歩かせられないと思いました。



d0124388_14393526.jpg
急斜面をロープや樹木によってようやく平らなところに飛び出しましたが、道らしい道がありません。
彼女達が分り辛く状態が良くないと言った意味を理解しました。
でも進まざるを得ないので、地図と睨めっこしながら進みました。

獣道のような幾つもの分岐を見極めながら暫くするとチェックポイント一軒屋が見えてきました。
一軒屋と言うのは山中で菜園をしていた方の番小屋の廃屋でした。
一軒屋からは比較的分りやすい道が峠十字路と云われる分岐に続いていました。
十字路を直進して、朝 通過した2号古墳からの道に出ました。

私たちが2号古墳から最初の右への分岐を長柄バス停方面と思い込み直進したのが間違いでした。
一度、長柄方向に左折して分岐を直進するのが正解でした。
出会った彼女達は分岐を左折すべきところを直進してしまったようです。

どちらにしても、バリケードがあった登山口から一軒屋までは例会のコースには使えないので、
3月例会のコースを次のように決めました。

変更コース
 長柄バス停~中町橋~葉桜住宅~1号古墳~2号古墳~野外活動センター~バス通り~旗立山

当初のコースは古いウォーキングマップを基に机上で立てた計画でしたが、
実際に歩いてみると道標はまったくなく、長く使われていないので藪漕状態になっているところも多くありました。
今日地図を読み間違ったことは大きな反省として心しなければならないと思いました。







[PR]

by dojyou38 | 2018-01-21 09:30 | アウトドアー | Comments(11)
2018年 01月 16日

ロナルド・レーガンを捕らえる(三浦アルプス南沢ハイキング)1月13日

今日は山楽会の1月例会。
今日のコース
9:30 長柄バス停~林道ゲート~林道終点~斜め十字路~乳頭山~茅塚分岐~
  栗坪の頭分岐~水源地入口バス停(歩行距離8km)


        原子力空母ロナルドレーガン(乳頭山より米軍横須賀基地を俯瞰・4基のクレーンの前に横たわる巨艦)

d0124388_21193035.jpg


d0124388_10114677.jpg
今日は1月例会だが朝の冷え込み厳しく、
あまりの寒さか参加者11名と少なかった。
互いに新年の挨拶を交わして、快晴で風もない
快適な日和に恵まれてスタートしました。

御霊橋から森戸川に沿って林道へと進みますが
沿道に祀られている馬頭観音→が私たちの
安全を祈っていてくれているようでした。

何故か、この二子山山系には馬頭観音が
何箇所も祀られていて私の知っている
だけでも4箇所もあります。




d0124388_10330239.jpg
林道ゲートから先の路面は凍てつき、
水溜りには氷が張っていました。

でも、林道終点に付く頃には気温も上がって、
厚着してきた私は1枚脱ぎました。

林道終点までは滑らないよう注意するだけで
安心して歩けましたが、南沢に入ると昨年の
豪雨で崖が削られ道幅は狭く、
その上落葉に覆われていたので、
慎重にゆっくり歩かざるを得ませんでした。

d0124388_10531168.jpg


d0124388_10533912.jpg
スタートしてからずーと森戸川の谷を歩いたが
12:10 やっと眺望の有る尾根に出ました。
西の遥か彼方には微かに富士が、
眼を北にやると遠く横浜の工場地帯や
ランドマークタワーも望むことが出来ました。

私たちは尾根に建つ送電鉄塔の傍で
暖かい陽射を受けながら弁当タイムにしました。

その近くに僅か一輪でしたが早くもスミレが
咲いていて疲れを癒してくれました。
タチツボスミレの仲間かな?



d0124388_15123685.jpg
弁当の後、乳頭山に登ると眼下に米空母
『ロナルドレーガン』が韓国との合同演習から
帰り横須賀基地に巨大な船体を横たえた
光景を見て北朝鮮の攻撃標的にならないか
ふと頭を過ぎりました。

乳頭山からは南尾根~栗坪の頭を経て
14:40 水源地入口バス停下山し、
予定していたバスに何とか間に合いました。


南沢を通過するコースでは誰にも
会わなかったが、森戸川林道や南尾根では
今日は天候に恵まれた土曜日でしたので
グループや家族連れなどたくさんのハイカーと出会い、挨拶を交しながらの楽しいハイキングでした。

それにしても、乳頭山から原子力空母を直視したのは驚きであり、貴重な体験でもあった。
その艦橋にマークされた『76』がロナルドレーガンの認識番号だそうです



[PR]

by dojyou38 | 2018-01-16 09:16 | アウトドアー | Comments(12)
2018年 01月 13日

柴又帝釈天参り

柴又帝釈天本堂

d0124388_21284896.jpg

d0124388_10130394.jpg
成田から2時間足らずで柴又に着きました。
私達は柴又帝釈天も初めてです。

門前街に接して重厚な歴史を感じさせる
山門(二天門)が迫っています。
二天門を潜ると正面に樹齢400年以上と言われる
見事な枝振りの松を従えた本堂(帝釈堂)です。

平日で午後3時が迫っている時間帯のためか
門前街の賑わいに比べ参詣者は意外と少なかった。




d0124388_11174690.jpg
帝釈堂を参拝した後、内陣外壁を飾っている彫刻が
有名だと聞き拝観して廻りました。

内陣の外壁はほぼ全面に彫刻が施されているが、
中でも1.27cm×2.27cm10枚の欅に彫られた
法華経説話は大正末期から10年の歳月をかけて
完成させたものだそうです。
厚さ20cmの欅に彫られた彫刻は見事で
迫力あるものでした。

柴又は江戸時代からは庚申参りの帝釈天として
賑わったそうですが、今は「寅さん」の柴又として
の方が有名になっているようです。


               柴又の駅前に立つ寅さんさくらちゃん
d0124388_12004258.jpg

d0124388_20300899.jpg
私たちも参詣を早々と済ませ「寅さん」に
会いに境内を出ました。

京成電鉄柴又駅の広場も平日だったせいか
噂の割には閑散としていました。

駅前広場には「寅さん」と寅さんを見送る
さくら」ちゃんの像が立っていて、さくらは
「一度はお兄ちゃんと交代して私のことを
心配させてやりたわ」と言っているようでした。





d0124388_21161666.jpg
駅前から帝釈天の二天門に至る門前街には
「男は辛いよ」のロケ地になった寅さんの
実家とされる団子やの「とらや」、くるま屋」の
モデル「高木屋老舗」、さくらが結婚披露を
したとされる川魚料理の「川千家」などが
軒を連ねていました。

私達は名物の草団子をほうばりながら
土産を見て廻り、バスの時間が迫ってきたので
江戸川沿いの駐車場に向いました。

帝釈天と駐車場の間には
「寅さん記念館」や「山田洋二ミュージアム」も
有りましたが見る時間がありませんでした。

                  柴又・矢切の渡し付近の江戸川の流れ
d0124388_21540729.jpg


d0124388_21564806.jpg
バスの駐車場は柴又と千葉県の境を流れる
江戸川沿いで、そこが演歌で有名な
「矢切の渡し」です。

矢切の渡し舟は現在でも運行されていて、
片道200円だそうですが土日祭日だけです。
当日は平日で運行されていませんでした。
渡しの桟橋まで行って見ましたが何とも
簡素と言うか素朴なもので、それと分るのは
雑草に囲まれて立派な歌碑があるだけでした。

演歌・矢切の渡しは懇親会の忘年会などで
3人で船になったり船頭になったりして
よく歌ったものだが、渡しの場所がこんなに
明るく広がった場所とは想像できなかった。

神奈川に転居して初めてのバスツアーは前日までの雨模様が打って変わり風もなく天候に恵まれ、
交通渋滞や事故に遭遇することもなく順調に終わりました。

これまで私達2人の最近の旅行と言えば殆どドライブ旅行でしたが、ぼつぼつ運転も
返上しなければならない歳になったので、これからは公共交通を利用しなければならないだろう。
ただ、バスツアーは葉山出発の企画は滅多にないし、
旅行先での時間の制約があり、そこが物足らないところです。


More
[PR]

by dojyou38 | 2018-01-13 15:15 | 街並みウォッチング | Comments(10)
2018年 01月 10日

成田山詣で

新勝寺大本堂と三重塔

d0124388_09224598.jpg

d0124388_09420491.jpg
神奈川に転居して初めてバスツアーに参加。

当日は朝方まで降っていた冷たい雨も止み、
午後は薄日も射し4月並みの気温となり
絶好の行楽日和でした。

バスツアーの広告は良く見かけるが殆ど東京や
横浜からの出発だが、今回のツアーは
葉山出発だったので家内と二人で参加しました。

8:00 役場前を出発途中3重4重の大きな
ループ橋で囲まれた大黒パーキングでトイレ
休憩しました。葉山から1台だったバスが
同じ企画で各地から集まったバスがあり
合計8台にもなっていました。



                         総 門
d0124388_11515360.jpg
私は成田山に参詣するのは初めて、歌舞伎で市川団十郎や海老蔵が出演すると
大向こうから威勢よく「成田屋!」の掛け声を良く耳にする。
その成田屋の屋号が成田山と関わりがあることは知っていましたが、
そのほか何も知らず初詣の人気スポットとして有名なので参詣に遣ってきました。

今日は正月も9日で平日、
テレビで見る元日の賑わいとは比べようも有りませんが、それなりの参拝客で賑わっています。

d0124388_15375252.jpg
平成19年完成の壮大な総門を潜ると石段の上には重厚な歴史を感じる仁王門があり、
そこには巨大な赤い提灯が掲げられていて、「魚がし」と印されています。
東京築地市場・魚河岸が歌舞伎市川家の「助六」との関わりで奉納されたそうです。

d0124388_16493262.jpg

赤い大提灯を潜ると更に石段があり、
それを登ってやっと大本堂の広場に出ました。

門や階段で列を成していた参詣客はお守りや
ご朱印を求めて、或いは他の伽藍に散らばるので
本堂前の広場は急に閑散とした風情になります。

私はお守りも御朱印も求めなかったが本堂を
参拝した後、本堂の周りの←平和大塔・釈迦堂・
額堂・光明堂など七堂伽藍を拝観しました。

額堂には7代目団十郎など信徒が奉納した絵馬や
石造などがたくさん掲げられ、その信仰の歴史や広がりを感じました。

伽藍を拝観して本堂前の広場に戻ってくると、本堂で
ご祈禱法要を勤める僧侶の列に出会いました。
法要に参列することも出来ましたが、バスの時間のこともあり僧侶を見送り境内を後にしました。

矢張り、この広い新勝寺をゆっくり
拝観するにはバスツアーでは物足りません。

d0124388_16503253.jpg


うなぎ屋などが軒を連ねる門前街
d0124388_21424501.jpg


d0124388_21484920.jpg
参詣を終えて昼食タイムです。
矢張り成田では話の種にうなぎにしました。

門前街には何軒も鰻屋があるが
名の通ったところは列を成しています。
私の選んだ店は50分待ちでした。
日曜日ともなると2~3時間待ちになるそうです。

50分は長いように思ったが、みやげ物を
あちこちで選んでいるうちに順番が来ました。
久し振りのバスツアーなので気にせず酒をと
思いましたが後に帝釈天の参詣があります。

「葷酒山門に入るを許さず」と言われないように
お酒は最小限にしてバスに乗り込みました。

このようにして初めての成田山参詣を済ませ、
13:00 バスは柴又帝釈天を目指して出発しました。




[PR]

by dojyou38 | 2018-01-10 10:17 | Comments(10)
2018年 01月 03日

ウォーキング初め


d0124388_20483634.jpg



d0124388_21025147.jpg
今年のウォーキング初めは
ホームグランド・仙元山コースでした。

余り乗り気でない家内を誘って、自宅近くの
木の下交差点から仙元山・戸根山・実教寺から
花の木公園に出る周遊コースです。

日本晴れで陽射は強いが吹く風が肌を刺す。
今日は正月最後の休日とあって、
仙元山山頂は家族連れで賑わっていました。

関東では美しい富士を拝められる山を仙元山とか浅間山と名つけているところが多い。
何れもセンゲン山と読む。

今日の葉山仙元山もまさにその名に相応しく
美しい富士の姿を見せてくれました。
眼下の相模湾も穏やかでセーリング初めを
楽しむヨットがたくさん遊弋していました。

私達は山頂から暫く景色を楽しんだ後
300段の急坂を登り下りして戸根山に
向いました。



d0124388_10003557.jpg
何時もはこの急階段もスムーズに
乗り越える家内が今日は何度も途中で休み
あえぎながら登っているように見える。

年末に体調を崩し暫く身体を労っていたので、
体力筋力が衰えたのだろう。

冬枯れの尾根は枯れ果てたススキが風に
そよぐ侘しい景色、
僅かにヤブツバキが彩りを添えるほかは
アオキの赤い実だけが精彩を放っていました。




d0124388_16092060.jpg
戸根山の展望台でコーヒータイムをしていると
トレランをする若者や賑やかな話し声と共に
子供連れの家族が次々と通り過ぎて行きます。

展望台で一息入れた後は家内も快調に
花の木公園にに向けて下山しました。

ハイキングコースをカバーしている落葉も
秋にはカサカサと乾いた音を立てていましたが、
この時期になると踏み馴らされてふあふあと
して絨緞のように軟らかです。

花の木公園も花は殆どなく、僅かに水仙だけが
芳しい香りを放っていました。

d0124388_17281486.jpg
花の木公園傍の和食の店に予約無しに飛び込んだが、
今日は家族連れ多く席がないというのでファミレスで昼食としました。

このようにして約5kmのウォーキング初めを無事歩き終わりました。


[PR]

by dojyou38 | 2018-01-03 22:41 | 地域活動 | Comments(12)
2018年 01月 01日

謹賀新年

新春のお慶び申し上げます。

新年を迎え皆様のご健康とご多幸をを願っております。
昨年は度重なる大きな自然災害がありましたが、今年は平穏な1年であり
特に、Jアラートが鳴り響くことがないことを切に願っています。

併せて本年もよろしくお願い致します。

  2018年1月元旦

d0124388_06550596.jpg
この押絵羽子板(勧進帳)と扇子、現役の頃は玄関で社員など多くのお客を迎えましたが、
リタイアー後は客も少なくなり神奈川に転居後は迎える客もなく、
ただ歳神様を迎えるためだけに淋しく飾られています。


[PR]

by dojyou38 | 2018-01-01 05:00 | 挨拶 | Comments(8)