人気ブログランキング |

行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2019年 02月 26日

熱海へ

ちょっと所用があり今月2度目の熱海。
朝から快晴で、天気予報は最高気温13度と出ていますが、体感気温は更に高く感じます

d0124388_16231285.jpg

熱海に向う車中から眺める富士も雪解けが進んでいるように感じます。
西湘バイパスからは富士の南東側を見るのですが、特に左(南)側の雪解けが早いようです。
d0124388_16242874.jpg
用件が早く終わったので、南熱海(多賀)にドイツの建築家・ブルーノー・タウトが監修して移築した
商家を転用したソバ屋があると聞いたので出掛けました。
場所は小田原と下田を結ぶR135 の裏側、狭い路地に面しており教えてもらわないと分らないところでした。

d0124388_172055.jpg
建物の外観は格調ある数奇屋門?を潜り大木を配した植え込みの奥に玄関が配置されているなど
商家と言うより豪商の別邸のような佇まいでした。
でも、建物の中に入ると間取りはやはり商家の名残を残していました。

d0124388_17372289.jpg
午後1時前に着いたのですが、まだ何人も外の赤い毛氈で順番待ちの客もあり人気の店のようでした。

d0124388_1757382.jpg

d0124388_17581374.jpg

d0124388_17585075.jpg
案外早く30分ほど待つうちに席に案内されました。
私はソバの通人でないので、ざるではなく久し振りに温かい「ニシンそば」・連合いは「かも南蛮」を注文しましたが、
やはり色の濃い関東風で醤油味が強いものでした。
後で頂いた蕎麦湯は逆に関西よりは薄く、ややものたりない。

室内を見ると大きな大黒柱と高い天井が建物の風格を象徴しているようでしたが、
商家にしてはやや深い軒や少し華奢な囲炉裏・網代の格天井などはタウトが移築する時に、
大幅にリノベーションしたものではないのだろうかなどと想像しながらソバを戴きました。

d0124388_2351874.jpg
帰る頃にはやや霞んできたが、相模湾を越えて雄大な大山を眺めることが出来ました。
また、その前には改築なった小田原城の天守がその存在感を主張していました。
この風景は4月に来る福岡の山仲間に事前に送ることにしました。

by dojyou38 | 2019-02-26 09:32 | ドライブ | Comments(12)
2019年 02月 15日

峰山コースを歩く(山楽会例会)

山楽会の2月例会が峰山コース、距離は短く5km弱でありました。
今回のコースは水源地バス停から峰山を経て相模湾沿いの葉山公園までの短いコースでした。
9:30 バス停に15名の参加者が集まり準備体操をして歩き始めましたがしばらくは舗装道路が続く。

当日は寒気団の南下で最高気温10℃に届かない寒さでしたが、
快晴で風も無く昼食をとった陽だまりでは暖かく感じました。

d0124388_16443041.jpg

d0124388_1645042.jpg
ハイキングの途中では何時ものことですが、コースにはみ出したり
横たわる倒木竹などを処理しながら歩くので、短い距離でも思わぬ時間を要することがあります。

d0124388_16454014.jpg
峰山を越えて相模湾が見下ろせるところまで来ると雪化粧の富士がくっきりと浮かんで、威厳のある姿が眩しかった。
更に、歩を進め葉山公園に近づくと、右奥の森の中に御用邸の屋根が沈んでいました。
御用邸はこれまで正面から正門を、海岸から裏木戸辺りを何度も眺めたことはありますが、山の上から本館を見下ろすのは初めてでした。
d0124388_1646683.jpg
12:30には葉山公園近くで解散となりましたが、良い天気だっただけに短時間で終わり少々物足らない例会でした。
でも私には初めてのコースだったので、新たな角度から見る葉山海岸の景色などそれなりの収穫がありました。

by dojyou38 | 2019-02-15 11:36 | アウトドアー | Comments(10)
2019年 02月 11日

熱海梅園

d0124388_21113537.jpg

熱海に所用があり、序でに熱海梅園を散策しました。

熱海へは西湘バイパスで一路、西に向って走りますが、
鎌倉から小田原の手前までは正面に雪化粧の雄大な景色が隠れたり現れたり。
富士の左裾には金時山がミニ富士のように傅いています。

正面右、北の方に目を振ると大山が薄っすらと、こちらも珍しくゆきを被っていました。
金時山も大山も4月に福岡からの山友を案内することにしています。
d0124388_1213831.jpg


熱海梅園 正面入口
d0124388_1255368.jpg
神奈川に転居して以来、熱海梅園の名前は良く聞いていましたが、立ち寄るのは初めて。
初めてでしたが、所用のついでだったので短時間で一回りしただけでした。

説明書によると、この梅園は明治初期 医師・長与専斎の発案に
横浜の豪商・鈴木惣兵衛らが協力して、山林2.5 ha を拓いて出来たそうです。

d0124388_14594362.jpg

d0124388_150956.jpg

d0124388_1503480.jpg
梅園は熱海市街を経て相模湾に潅ぐ初川の上流の両側に広がり、
そこに流れ落ちる幾つもの滝が美しい景色を作っていました。
d0124388_151260.jpg

d0124388_1514477.jpg

d0124388_1521173.jpg

d0124388_1523812.jpg

d0124388_1531934.jpg

d0124388_153577.jpg

d0124388_1543577.jpg

d0124388_1545430.jpg

既に紅梅は満開のようでしたが、白梅はまだこれからのようでした。
梅園には梅のほか楓の木などもたくさんあり、紅葉も素晴らしいようで、
その季節にも機会があれば訪ねたいと思いました。





by dojyou38 | 2019-02-11 15:29 | アウトドアー | Comments(12)
2019年 02月 08日

伊賀上野を通過(日本1周歩こう会)1月31日

2回目のバーチャル日本1周で1月31日 関が原を出発し京都を経由して、
2月末伊賀上野を通過して津に向っています。
1月1ヶ月間の延べ歩行距離は176kmで1日の平均はト5.6kmでした。


d0124388_1262043.jpg
1月は冬にしては比較的暖かく好天続きだったので、2回の鎌倉ハイキングや三浦アルプス縦走など
4月の福岡からの山友来訪に備え積極的にウォーキングをした。
その結果1日目標4kmを軽くクリアーして、5.6kmも歩いていました。
福岡をスタート地点にして延べ歩行距離は6169kmで、日本1周 8955kmの達成率は69%になりました。

d0124388_1340117.jpg
清水寺森貫主との記念写真(後列中央小生)

1月バーチャルで通過した京都は若い頃、大阪勤務が長かったので馴染み深い街でした。
だが最近は訪れたことが無く、
記憶に残るのは2002年11月紅葉を訪ね湖東三山や嵐山・清水寺・祇園などを廻ったことです。
一緒に旅行したのは現役時代の異業種交流会のメンバーで、
清水寺では毎年今年の漢字を揮毫するので有名な森貫主を訪ね
講話を拝聴したのが貴重な思い出として残っています。

2月になって寒くなったが、少なくとも4月までは気を抜かず
ウォーキングに励み旧友との登山に備えたいと思っています。





by dojyou38 | 2019-02-08 08:39 | アウトドアー | Comments(8)
2019年 02月 06日

七福神巡り エキストラ(江ノ島)

鎌倉七福神巡りは長谷寺で終わりましたが、まだ3時過ぎ陽が高い。
裸弁天で有名な江ノ島までは直ぐ近く、足を延ばすことにしました。
近くなので歩いてもOKな距離だが、朝から歩き通しだったので江ノ電で行くことにした。

d0124388_1993171.jpg
江ノ電は鎌倉と藤沢を相模湾岸沿いに単線で結ぶ超ローカル鉄道で途中に江ノ島があり、
街中をくねくねとカーブが続き民家すれすれに軌道が走る。
それも人気の一つで、乗車したのは3時過ぎだがラッシュアワー並みの混雑でした。


d0124388_1911281.jpg
江ノ島は江戸時代より弁天信仰の門前街として賑わい、2020にはオリンピックのセーリング会場になっています。
すでに島に渡る江ノ島弁天橋では、歩道の片側を通行止めにして改修工事が進行中でした。

弁天橋を渡ると青銅の鳥居から朱の鳥居までは
弁財天仲見世通りで両側にはみやげ物店・飲食店が立ち並び大勢の観光客で賑わっていましたが、
私達はそれには見向きもしないで参拝客をかき分け江ノ島神社(辺津宮)に向いました。

d0124388_11143129.jpg
朱の鳥居から瑞身門を潜って拝殿に至る正面参道は標高差30mばかりの急階段ですが、
左側にはエスカレーターが施されていて、そちらを使う参拝客が多い。
勿論私達は階段を快調に辺津宮へと登っていきました。

d0124388_8571977.jpg

江ノ島には三つの神社(辺津宮・中津宮・奥津宮)があり、
何れも海の守護神(女神)を祀っていて、江ノ島神社はその総称だそうです。
その女神と共に祀られているのが弁財天。

d0124388_21355497.jpg
江ノ島の弁財天は安芸の宮島・琵琶湖の竹生島と共に日本三大弁天として、
江戸時代より相模大山と共に江ノ島は物見遊山の聖地だったようです。

江ノ島の弁天像は2体あり、戦勝祈願の八臂弁財天と芸能音曲上達祈願の二臂弁財天です。
何れも豪華な奉安殿に安置されています。中でも二臂弁財天はやや艶めかしい裸弁天として有名ですが、
現在は残念ながら修復のため東京国立博物館に入院中でした。

江ノ島には弁天さん以外にもたくさんの名所旧跡がたくさんあるようです。
二臂弁財天さんが全快して国立博物館から奉安殿にお帰りになった頃、
改めてゆっくり江ノ島を廻りたいと思っています。
このようにして今年の七福神巡りを無事終え午後5時江ノ電に乗り帰途に着き、歩数計は22000歩でした。
d0124388_2136519.jpg






by dojyou38 | 2019-02-06 19:09 | アウトドアー | Comments(6)
2019年 02月 05日

鎌倉七福神めぐり

d0124388_10113586.jpg九州北部では正月に三社詣りが一般的ですが、
関東にはその風習はないようです。
その代わりか、どうか知りませんが
七福神巡りが盛んです。

概ね、市町村単位くらいで各地域にあるようで
、1~2月頃にお参りするようです?。
私は一度「逗子・葉山七福神巡り」を
したことがありますが、
今回は鎌倉七福神巡りに誘われ参加しました。

JR北鎌倉駅西口から歩き始めましたが、
人気の北鎌倉だが西口は裏口で観光には
早い9:00で駅前はまだ閑散としていました。

d0124388_10364196.jpg

最初の七福神は浄智寺布袋尊さんで福徳を授け家庭円満を導く神様。
鎌倉時代の墓所・やぐらのようなところに祀られていました。
浄智寺は鎌倉五山の一つで臨済宗の寺院。
d0124388_103925.jpg



d0124388_1104392.jpg
二つ目は浄智寺から30 分、鶴岡八幡宮弁財天さんで芸能・開運の女神さま。
弁才天像は境内の源氏池にある旗上弁天社に祀られていたが、
鎌倉彫刻の傑作で重要文化財として鎌倉国宝館に安置されているそうです。
旗上弁天社に参りましたが周りには普段余り見ない白鳩がたくさん屯していました。
d0124388_1111454.jpg


d0124388_1245167.jpg

d0124388_12503872.jpg次は八幡宮から10 分で天台宗の寺院宝戒寺です。

本堂の奥深く祭られている毘沙門天
病魔退散・武将に崇められる守り神ですが
撮影禁止でした。
外から見える本堂の内壁には天女が舞っていました。

この寺院は萩の寺とも呼ばれ、
秋には源氏の白旗にちなんだ白い萩が
境内を埋め尽くすそうです。

その時期改めて訪ねたいと思いました。


d0124388_13433768.jpg

d0124388_1482213.jpg宝戒寺から5分ほどで妙隆寺

ここの七福神は鹿を連れた長寿の神様・寿老人で、
寿老人像はケヤキの一本造りです。
ここ」は頼朝の御家人・千葉氏が建てた日蓮宗の寺院です。












               本覚寺山門夷堂(右)
d0124388_14152419.jpg

d0124388_141912.jpg午前中、最後にお参りしたのは
商売繁盛をもたらす夷神を祭る本覚寺

ここは身延山から日蓮の分骨を祀っている
日蓮宗の寺院で東身延と呼ばれています。

また、二代目住職・日朝は目をなおす仏と云われ、
今も本覚寺は目に効く寺とも云われるそうです。
なぜか、境内に隣接して眼科クリニックが有りました。


次の長谷寺への途中、江ノ電で名の知れた食事処に
向ったが、順番待ちの客で長蛇の列。
止む得ず、天気も良かったのでコンビニで弁当を調達し、
海岸に出て江ノ島を眺めながら昼食しました。



d0124388_1514176.jpg
      (冨士山は微かに見えましたが写には映っていません)



d0124388_1591071.jpg

d0124388_159391.jpg稲村ガ崎海岸から江ノ島を眺めながら
ゆっくりと昼食した後、
海岸道路を引き返し御霊神社に向いました。


御霊神社には幸福・財産(禄)・長寿の
神様・福禄寿が祀られています。

御霊神社は平安末期、関東に割拠した
大庭・梶原・長尾・村岡・鎌倉の平家五氏の
先祖を祀る神社であった。

現在は五氏の中の鎌倉権五郎景政を
祭神とする神社になっている。


境内には樹齢350年のタブノキの巨木が
鬱蒼と繁っていました。








d0124388_16404119.jpg
御霊神社から約10分で長谷寺です。

長谷寺は観音菩薩を本尊とする寺院で奈良の長谷寺とともにアジサイ寺としても有名で、私は紫陽花の季節に一度お参詣したことがあります。
ここに祀られている七福神は大黒天財福・出世・開運の福の神とされています。
d0124388_16411243.jpg

これで、鎌倉七福神巡りは終わりましたが未だ3時、時間があるので江ノ島まで足を延ばすことにしましたが別項でUPします。
 

by dojyou38 | 2019-02-05 17:21 | アウトドアー | Comments(10)