行けるとこまで

dojyou38.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 06日

サイハイランのその後を求めて南尾根へ



d0124388_09033362.jpg
サイハイランに初めて出会って2週間、
その後どうなっているか朝の散歩の
延長で南尾根に入りました。

今日は久し振りに、気乗りのしない
連れ合いを同伴してのハイキングです。

前回と全く同じ実教寺ルートから入りました。
前回まではコース沿い何とか残っていた
スミレ・ホウチャクソウ・ナンテンショウなど
春の花はなくみな実を結んでいました。




d0124388_09232623.jpg
10時を過ぎてのスタートだったので
気温もかなり上がっているようだ。
だがこのコースはタブなどの樹木に
覆われ眺望はないが、
尾根道なので何時も
風が通り爽やかです。

1時間ほどで小さなピーク観音塚に着く。
爽やかな風を受けながら小休止しました。

何故か、この二子山山系には
馬頭観音が祀られている塚が多い。
私が知っているだけでも5箇所はある。
祀ったのは江戸後期だが詳しくは知らない。


d0124388_10485596.jpg

d0124388_10552587.jpg
観音塚から乳頭山方面へ暫く夏草茂る尾根を
進み上り坂になると風景一変、毎度出して
恐縮だが私の好きなマテバシイの並木です。

階段状の根っこに注意しながら上りきると
マテバシイ並木は尽き少し下ると
再び風景一変、今度は背だけを越える
笹の壁が断続します。

眺望なく見通しも効きませんが
迷いようもありません。

僅かな距離だがこのような変化が
このコースの楽しみでも有ります。



d0124388_11305988.jpg
笹の壁を通り過ぎると三叉路に出る。
私たち新沢バス停へ下りるので急坂のある
坂道へ右折しました。

坂道の途中にサイハイランがあります。
前回から2週間経ちましたが残っていました。
4本ありますが前回はまだ枯れた葉が根元に
2枚残っていたが既に跡形もありません。

2週間前より花は更に下向きになっていた。
外に株がないか2人でしばらく辺りを
探しましたがありませんでした。

これで今日のウォーキングの目的を済ませたのでバス停目指して下山しました。

バス停傍の葉山牛ステーキハウスで昼食を
して自宅方面行きのバスを待ちました。

私も滑りましたが、下りの急坂で尻餅を
着いたのが気に入らなかったのか、
連れ合いはもうこのコースには
来ないといっていました。
歩いた距離は約4kmでした。



[PR]

# by dojyou38 | 2018-06-06 08:39 | アウトドアー | Comments(8)
2018年 06月 03日

江ノ電

江ノ電鎌倉高校前駅

d0124388_14485675.jpg


d0124388_14492787.jpg
長谷寺へは江ノ電を利用しました。
江ノ電は鎌倉観光の移動手段ですが最近は
江ノ電自体が観光の目玉なっています。

転居して3年にして2回目の乗車でしたが、
乗客が格段に増えている。
乗客だけでなく沿線で江ノ電の写真を
撮る観光客が異常に多くなっている。
中でも鎌倉高校前駅周辺が特に多いです。

一般に「撮りテツ」とか「乗りテツ」と
云われる鉄道ファンがいますが、
江ノ電にはそれとは別のファンもいる。



d0124388_08582244.jpg

d0124388_08584143.jpg
私は知らないのですが、「スラムダンク」など
幾つかの人気コミックの聖地になっていて、
鎌倉高校前駅傍の踏切が最高のスポット。

国内だけでなく台湾など海外からのファンも
駆けつけ連日賑わっています。
コミック門外漢の私の目からすれば、
ファンには叱られそうだが、
何もない踏切周りに大勢が
詰掛けている風景は滑稽に見えます。

それで地域が賑わえば結構なことだと
思っているが、困ったこともあるようです。



d0124388_10142502.jpg

d0124388_10152554.jpg
江ノ電は地域の人の移動手段で通勤通学
などの時間に乗れないことも有るそうです。

江ノ電は4両編成で毎時12分間隔で運転
しているが単線でしかも急カーブが多く、
速度は22kmで路面電車並みで、
これ以上便数も車両も増やせないそうです。

海岸沿いの道路と山裾を通っているところが
多く、線路の改良もままならないようです。

沿線の住宅が建築限界ぎりぎりを通っている
ことなども観光客の人気のようです。


路線は鎌倉と藤沢を結び15駅ありますが、途中には江ノ島・鎌倉大仏・
長谷寺・稲村ヶ崎などの名所旧跡に鎌倉高校前のような新しい観光地が加わり、
江ノ島電鉄の人気はまだまだ衰えることがないようです。


車窓からの相模湾風景
d0124388_11015890.jpg




[PR]

# by dojyou38 | 2018-06-03 11:06 | 湘南風景 | Comments(8)
2018年 05月 31日

栃木県に入る(日本1周バーチャル歩こう会)

d0124388_20033814.jpg
2回目の日本1周で現在(5月末)茨城県から栃木県に入り宇都宮を目指して歩いています。
5月1ヶ月間の延べ歩行距離は145kmで1日の平均はト4.7km。
5月は比較的天候も良く三浦アルプスでのハイキングなどで距離を稼いだので目標4kmを優にクリアー。
福岡をスタート地点にして5057km(日本1周は8955km)で達成率56%。

d0124388_20334832.jpg
栃木と言えば日光でしょう。
私も栃木で日光以外に訪れたところがありません。

日光について説明することも無いでしょうが、
私に印象的に記憶に残っているのはこの大鳥居です。

この石の鳥居は高さ9mあり、石の鳥居ととしては日本最大です。
この御影石は私が福岡にいたころ何度も登った加也山(糸島富士365m)から切り出されたものです。
1616(元和2)年初代福岡藩主黒田長政が寄進した鳥居で、
福岡から船で江戸湾に運び河川を使い古河へ、後は陸路で運んだそうです。

加也山の中腹には石切り場が今も残っています。
ここの御影石は鳥居に適しているのか、
福岡では警固神社など幾つもの神社の鳥居に使われている。


いよいよ入梅が近づいているが、
来月もウォーキング目標の1日平均4km目指して頑張ります。

[PR]

# by dojyou38 | 2018-05-31 20:01 | アウトドアー | Comments(6)
2018年 05月 28日

長谷寺で出会った花

新緑に覆われた長谷寺の伽藍


d0124388_11083793.jpg

長谷寺は花のお寺と言われていますが、アジサイが特に有名で40種2500株が見られるそうですが、
私が訪ねたのはアジサイが咲き始めたばかりのタイミングでした。
幾つかの一分の種類は咲いていましたが、多くの種類はまだ硬い蕾でした。

当日出会った花の中から一部を紹介させて頂きます。

d0124388_19524072.jpg

サラサウツギ













d0124388_19552687.jpg


源平ウツギ













d0124388_20024751.jpg


ボケ












d0124388_20054228.jpg


アジサイ












d0124388_09275650.jpg


アジサイ














d0124388_09301415.jpg




クリスマスローズ










d0124388_09344336.jpg



カキツバタ











d0124388_09380979.jpg


ニオイバンマツリ













d0124388_11334047.jpg


この花 ?












d0124388_11361163.jpg



ミヤコワスレ



[PR]

# by dojyou38 | 2018-05-28 18:26 | 植物観察 | Comments(8)
2018年 05月 27日

花の寺 鎌倉長谷寺

浄土宗長谷寺の山門

d0124388_17220088.jpg


d0124388_15570730.jpg
傘寿喜寿の祝いをした日 
私たち夫婦は初めて長谷寺に来ました。

自宅から車で20分で来れるところであるが
転居して3年目にして始めての参拝です。

長谷寺は江ノ電長谷寺駅や鎌倉大仏にも
近いので参拝客が多く、
当日もその半数以上が外国人のようでした。


山門を潜って直ぐに迎えてくれた
          良縁地蔵さん→




長谷寺の本尊 観音菩薩像を祀る観音堂
d0124388_18342348.jpg


d0124388_19575947.jpg
長谷寺の本尊は国内最大級の観音菩薩像で
通称 長谷観音として親しまれている。

私のように西日本暮らしが長かった者には
長谷寺と言えばボタン・シャクナゲなど
花のお寺として知られている真言宗豊山派の
本山 長谷寺(奈良)をイメージする。

奈良の長谷寺も同じく観音菩薩像を本尊とし
ここ鎌倉の長谷寺もアジサイなど花の寺と
言われていますが、こちらは浄土宗の
お寺です。 ただ寺伝に寄れば鎌倉の
観音菩薩像は奈良の観音菩薩と同じ1本の
楠から彫られた像で何かと共通点が多い。


d0124388_16233029.jpg
ご本尊を祀る観音堂の正面、離れたところに
大きな香炉が設えられていて、
カラフルな線香が煙を燻らせていました。

暫く焼香の機会から遠ざかっていたが、
最近の線香がこんなにもカラフルに
なっていたこと知りませんでした。

本尊は十一面観音立像ですが撮影禁止で
皆さんにお見せすること出来ませんが
大きく(9.18m)あり圧倒される美しさ。

なお日本最大の木造仏像は私も
拝観したことがありますが博多大仏・
釈迦如来坐像(10.8m)だそうです。



見晴台から逗子マリーナ方面を望む

d0124388_10162805.jpg


長谷寺の境内はは観音山と呼ばれる小高い丘の裾野に斜面に沿って広がっていて、
下境内と上境内に分れています。
上境内には眺望散策路や見晴台があり、眼下の由比ヶ浜を経て相模湾の雄大な景色が楽しめます。
散策路周りには40種2500本のアジサイなどで彩られていて、
花のお寺の名に相応しい情景が広がっています。

写真 正面に逗子マリーナがありますが、
左奥の高い峰は私が日頃ウォーキングをしている二子山山系です。
高さ僅か200mほどの峰の連なりですが、
ここから観ると三浦アルプスの名に相応しい景色に見えます。

見晴台には茶屋があり、名物「大吉だんご」が1串160円で売られています。
私たちも団子を食べながら暫く風景を楽しんで境内を後にしました。

長谷寺で出会った花はページを改めます。





[PR]

# by dojyou38 | 2018-05-27 17:19 | 湘南風景 | Comments(4)